エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。
現在位置 :入間市公式ホームページ トップ › 防災・防犯・消防 › 防犯 › 振り込め詐欺に注意!

ここから本文です。

振り込め詐欺に注意!

更新日 平成27年9月1日ID番号 Ir5561

振り込め詐欺被害が多発しています!

 入間市内では、平成27年8月末現在、14件(約3,760万円)の振り込め詐欺被害が発生しています。予兆電話で息子や孫と信じた親族が現金を振り込んだり、医療費の還付金があるからとATMでの操作を指示したり、自宅や指定された場所で代理人を名乗り、現金を受け取りに来た者に手渡す(手交型)等によるものです。

  不審な電話があった場合は、必ず事実の確認をしましょう!

 振り込め詐欺に関する電話等がありましたら、すぐに狭山警察署(04-2953-0110)へご相談ください。

●「医療費の還付金があるから、ATMまで行ってほしい」

●「携帯電話が壊れて番号が変わった」

●「風邪をひいて声が変わった」

●「会社のお金を使い込んでしまった」

●「友人の保証人になって借金をした」

 その電話は振り込め詐欺です!

~変化する詐欺形態~

 振り込め詐欺にはさまざまな形態があり、手口もさらに巧妙さを増しています。最近では、主に次のような形態が多く見られます。

1.オレオレ詐欺

家族の一員や警察官、弁護士などになりすまし、交通事故や借金、痴漢行為などのトラブル処理のために現金を振り込むよう要求します。

2.架空請求詐欺

インターネット等の有料サイトの利用料や情報料、借金の請求等をでっち上げ、はがきや電子メールを送り付けて、現金振り込みを要求します。

3.還付金詐欺

社会保険庁や税務署、市役所などの職員を装い、年金や税金の払い過ぎ分があると偽って、コンビニや無人のATM(現金自動預払機)に誘い出し、ATMを指示に従って操作するよう要求します。

4.融資補償詐欺

「担保・保証人なしで高額融資」「多重債務を一本化」などとダイレクトメールや電子メールで融資の勧誘を行い、申し込み者に保証金や手数料などの名目で現金振り込みを要求します。

宅配便やバイク便、郵便小包等を利用した新たな手口!

 最近、手渡し被害が急増しています。これは、ATMを利用せずに、現金を宅配便やバイク便で受け取りに行かせるという手口のものです。また、自宅から誘い出している間に留守宅に侵入し金品を盗むという手口もありますので、警戒してください。

被害に遭わないために

 特に、次のことに気を付けてください。

◎「自分は大丈夫!」という人こそだまされています。
◎「携帯電話の番号が変わった」と言われたら、古い番号に電話を掛けて確認をしましょう。
◎電話で「言う通りにATMを操作してください」と言われたら、まず詐欺と疑いましょう。
◎息子の名前と振込先の口座名義人とが異なる場合は要注意。
◎現金を要求する不審な電話があった場合は、家族全員が分かる「合言葉」を決めておきましょう。
◎家族の名前を名乗っても、必ず本人や家族等と連絡を取り事実を確認しましょう。

留守番電話機能の活用

・電話機の留守番電話機能を常にセットしておく
・電話がかかってきてもすぐに受話器をとらず、留守番電話に録音された声を確認してから受話器をとる

ナンバーディスプレイ機能の活用

・電話をかけてきた相手の電話番号が分かるサービスに加入する(別途契約が必要です)
・知らない電話番号からかかってきた電話にはでない
・電話番号が非通知の電話にはでない

被害の拡大を防ぐため

「振り込め詐欺撲滅統一行動」出発式の様子

 市は、狭山警察署、自治会、地域防犯ネットワーク(APOC)と連携し、振り込め詐欺被害の防止のため、市内スーパーマーケット、駅、イベント会場等でさまざまな啓発活動を行っています。 これに加え市では、被害の拡大防止のため、防災行政用無線の放送や、茶の都メール(メール配信サービス)の登録者への配信等により、振り込め詐欺への注意喚起を行っています。
皆さん自身も被害に遭わないよう、十分にご注意いただくとともに、振り込め詐欺被害撲滅にご協力をお願いします。

問い合わせ 市役所防災防犯課、狭山警察署電話番号2953-0110、警察総合相談窓口電話番号♯9110

関連情報

PDFファイルを開くには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobeホームページ(外部リンク)からダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

市民部 防災防犯課 防災・防犯・国民保護・消防団担当
電話:04-2964-1111 内線:3361
メールでのお問い合わせフォーム

このページのトップへ戻る