エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。
現在位置 :入間市公式ホームページ トップ › 防災・防犯・消防 › 防災 › 東日本大震災関連情報(トップ) › 東日本大震災から6年を迎えて

ここから本文です。

東日本大震災から6年を迎えて

更新日 平成29年3月11日ID番号 Ir17069

 平成23年3月11日に発生した「東日本大震災」から、6年が経過しました。あらためて、犠牲になられた方々の御冥福をお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様、また被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

 東日本大震災は、地震と津波、さらには深刻な原子力発電所の事故が重なり、未曾有の大災害となりました。被災地では懸命な努力が続けられており、住まいや防潮堤防の建設、インフラの再整備、土地のかさ上げなど、復興に向けて一歩一歩前進しておりますが、今なお多くの方が避難生活を余儀なくされており、完全な復興までにはまだまだ長い時間が必要な状況です。

 入間市では、震災発生直後から、消防職員の派遣、避難者の受け入れや支援、支援物資の援助をはじめ、出来得る限りの被災地支援に努めてまいりました。また、被災地では、復興に必要な職員が不足していることから、平成25年度から宮城県岩沼市に入間市職員を派遣しており、岩沼市復興のための支援を続けております。平成29年度につきましても引き続き1名の職員派遣を実施してまいります。

 市民の皆様にも様々な方法で、被災地の復興や避難されている方々へ温かいご支援をいただいておりますことに深く感謝申し上げます。
 入間市では、今後におきましても、市民の皆様が安心して暮らしていただけるよう、災害への備えをさらに強化していくとともに、被災地の復興に向けた、出来る限りの支援を行ってまいりたいと考えておりますので、市民の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 

 平成29年3月11日
 入間市長 田中 龍夫

このページに関するお問い合わせ先

企画部 企画課 渉外・統計・人権施策担当
電話:04-2964-1111 内線:3136
メールでのお問い合わせフォーム

このページのトップへ戻る