エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。
現在位置 :入間市公式ホームページ トップ › 文化財 › いるまの文化財 › 37 旧黒須銀行(きゅうくろすぎんこう)

ここから本文です。

37 旧黒須銀行(きゅうくろすぎんこう)

更新日 平成24年3月31日ID番号 Ir839

旧黒須銀行

市指定文化財(建造物・平成2年4月1日)
 国道299号線、鍵山(かぎやま)歩道橋のわきに建っている。この建物は、明治42年(1909)4月に黒須銀行として建築された。土蔵造り二階建、寄棟瓦葺、総床面積236.02平方メートルで、大正11年武州銀行と合併後、昭和18年に埼玉銀行豊岡支店となり、昭和35年まで営業 されていた。黒須銀行時代、渋沢栄一(しぶさわえいいち)から道徳銀行の名を与えられ、道徳を基本とする経営を目ざしたもので、入間市金融史を知るうえでも歴史的価値が高い。

このページに関するお問い合わせ先

生涯学習部 博物館 文化財担当
住所:入間市大字二本木100
電話:04-2934-7711 ファクス:04-2934-7716
メールでのお問い合わせフォーム

このページのトップへ戻る