特別徴収関係書類

 

ページ番号1004634  更新日 平成30年12月4日 印刷 

給与所得者異動届出書

1.退職、転勤等の異動がありましたら、翌月10日までに異動届出書を提出してください。
2.異動生じた日の属する月の月割額まで徴収してください。
3.年の途中で退職されますと未徴収税額は直接本人から納税(普通徴収)していただくことになりますので、できるだけ本人の了解を得て、退職時に支払う給与または退職手当等から一括徴収して納入くださるようお願いします。
 特に10月以降に退職される方は、普通徴収の納期が翌年1月の1回となりますので、本人の了解を得て一括徴収していただくようご協力をお願いします。
 なお、1月1日から4月30日までの間に退職した場合には、未徴収税額を超える給与等の支払予定があるときには、本人の申し出がなくても一括徴収することが義務付けられていますので、必ず一括徴収してくださるようお願いいたします。

特別徴収への切替申請書

就職等により新たに特別徴収となる方がいましたら、提出をお願いいたします。

特別徴収義務者所在地・名称変更届出書

特別徴収義務者の名称・所在地・電話番号等に変更が生じた場合は、提出をお願いいたします。

納期特例申請書

給与の支払いを受ける者が常時10人未満である場合には、特別徴収税額を12月と翌年6月の2回に分けて納入することができます。
納期特例を希望される場合は、申請書の提出をお願いいたします。

給与支払報告書総括表・普通徴収該当理由書兼仕切書

埼玉県と市町村では平成27年度から個人住民税の給与からの特別徴収を徹底しています。

従業員の住民税は原則特別徴収での取り扱いとなります。総括表は入間市指定の総括表を提出してください。なお、普通徴収に該当する場合には、「普通徴収該当理由書」の提出とともに、各従業員の「給与支払報告書(個人別明細書)」摘要欄へ「普通徴収該当理由書」に該当する略号A~Fの記載等が必要となります。

なお、総括表および普通徴収該当理由書については、平成30年度に特別徴収をしている事業主に対して送付しておりますので、届かない場合は、以下よりダウンロードをしてご利用ください。

1.総括表

入間市への提出は、必ずこの総括表を使用してください。(他の総括表を使用された場合でも、この総括表は添付してください。)

2.普通徴収該当理由書

普通徴収に該当する方がいる場合、この「普通徴収該当理由書」に該当理由毎の人数をご記入のうえ、合計した人数を総括表の「普通徴収該当理由書に記載した人数」に転記してください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民税課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。