市指定天然記念物「斉藤家のドウダンツツジ」が指定解除になりました。

 

ページ番号1002202  更新日 平成29年3月3日 印刷 

 「斉藤家のドウダンツツジ」は、江戸時代後期から現地にあったと伝わり、樹齢約200年を数える市内のドウダンツツジとしては随一の古木でした。
 平成3年には市指定天然記念物に指定され、花の咲く時期や紅葉の時期には市民の目を楽しませてきました。
しかし、ここ数年樹勢の衰えが目立ってきたため、樹勢回復に努めてきましたが、昨冬に病気に罹ったことから、今春の芽吹きが見られず、そのまま枯死してしまったものです。
 このため、市教育委員会では平成28年9月1日に市指定文化財を解除しました。
 これで市内の指定文化財の件数は、国指定2件、県指定2件、市指定69件の計73件になります。
 

写真:元気な頃のドウダンツツジ
元気な頃のドウダンツツジ
写真:枯死してしまったドウダンツツジ
枯死してしまったドウダンツツジ

このページに関するお問い合わせ

教育部 博物館
〒358-0015 埼玉県入間市二本木100
電話番号:04-2934-7711 ファクス:04-2934-7716
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。