14 金子氏一族の宝篋(ほうきょう)印塔(いんとう)付(つけたり)位牌(いはい)

 

ページ番号1002138  更新日 平成29年3月3日 印刷 

金子氏一族の宝篋印塔付位牌

市指定文化財(史跡・昭和47年10月20日)
  入間市と青梅市の境目近く木蓮寺公会堂の裏側(うらがわ)小高いところにある。金子十郎家忠(かねこじゅうろういえただ)は、武蔵七党の村山党に属し、保元の乱より壇ノ浦に至る源平合戦に加わり、数々の武功をたてた典型的な武蔵武士である。現在は6基の宝篋(ほうきょう)印塔と位牌が残されている。

このページに関するお問い合わせ

教育部 博物館
〒358-0015 埼玉県入間市二本木100
電話番号:04-2934-7711 ファクス:04-2934-7716
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。