22 手もみ狭山茶

 

ページ番号1002146  更新日 平成29年3月3日 印刷 

八十八夜新茶祭りでの、手もみ狭山茶の実演会の様子1

八十八夜新茶祭りでの、手もみ狭山茶の実演会の様子2

八十八夜新茶祭りでの、手もみ狭山茶の実演会の様子3

市指定文化財(無形文化財・昭和52年8月1日)
 狭山茶の起源は、栄西(ようさい)禅師 によりお茶が伝えられた鎌倉時代にさかのぼる。そのころ川越でも栽培(さいばい)され製茶(せいちゃ)が行われていたがその後おとろえた。現在の製茶は機械による作業が中心になっているが、戦前は人の手による「手もみ製茶」が行われており、現在でも毎年八十八夜に市役所前で行われる実演会などでその技を見ることができる。

このページに関するお問い合わせ

教育部 博物館
〒358-0015 埼玉県入間市二本木100
電話番号:04-2934-7711 ファクス:04-2934-7716
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。