7 製茶用具一式

 

ページ番号1002131  更新日 平成29年3月3日 印刷 

製茶用具一式

製茶用具一式

市指定文化財(有形民俗文化財・昭和42年5月6日)
 入間市の主産業の一つである狭山茶は、現在機械化されて大量に生産されている。しかし昭和初期までは、茶師が手もみで製造するのが一般的であった。当時用いた、むし器・三平せいろ・手まわし式むし器・ほいろ・茶ふるいなど一式が保存されている。
 入間市博物館ALITに展示されている。

このページに関するお問い合わせ

教育部 博物館
〒358-0015 埼玉県入間市二本木100
電話番号:04-2934-7711 ファクス:04-2934-7716
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。