シンポジウム+ミニライブ 青少年の輝く未来に向けて

 

ページ番号1008669  更新日 平成30年10月11日 印刷 

イベントカテゴリ: 催し物・イベント

平成28年度に、入間市と東京家政大学地域連携推進センターとの共同プロジェクトとして、入間市在住の15歳から20歳までの男女2,000人を対象に、「入間市の青少年が描く未来と地域社会アンケート調査」を実施しました。
今回のシンポジウムでは、このアンケート調査の結果にも触れながら、東京家政大学の山本学長と子ども学部の教師陣、入間市在住の中学生、高校生、大学生が登壇し、子どもたちが元気に育つまちづくりや、未来に向けての夢・入間市への期待等への想い・考えをそれぞれ発表し、将来にわたっての活力ある元気なまちづくりの可能性、今後のあり方を探っていきます。
また、歌で子どもたちを応援する「ミニライブ」を同時開催し、青少年にエールを送ります。出演は、入間市出身の作詞・作曲・編曲家の杉山勝彦氏と上田和寛氏のフォークデュオ「TANEBI」! 杉山氏が入間市の子どもたちのために作曲した「子どもたちへの応援歌」を入間市中央少年少女合唱団と一緒に披露します。
また、11月24日は、内閣府の推進する「家族の週間」に当たります。「入間市の青少年が描く未来と地域社会アンケート」では、「将来子どもを育てている」と答えた青少年が、女性では6割、男性では4割でした。子どもたちの将来はどのような世の中で、どのような家族で暮らしているのでしょうか。
ご家族みんなでご来場いただき、次世代を担う青少年の未来を一緒に考えてみませんか? そして、ミニライブで盛り上がりましょう!

チラシ画像

開催日

平成30年11月24日(土曜日)

開催時間

午後2時 から 午後5時 まで

(開場午後1時30分)

開催場所

入間市産業文化センター
産業文化センター

内容

第1部:シンポジウム

東京家政大学の山本学長と子ども学部の教師陣、入間市在住の中学生、高校生、大学生が登壇し、子どもたちが元気に育つまちづくりや、未来に向けての夢・入間市への期待等への想い・考えをそれぞれ発表し、将来にわたっての活力ある元気なまちづくりの可能性、今後のあり方を探っていきます。
 

第2部:TANEBIミニライブ

歌で子どもたちを応援する「ミニライブ」を同時開催し、青少年にエールを送ります。出演は、入間市出身の作詞・作曲・編曲家の杉山勝彦氏と上田和寛氏のフォークデュオ「TANEBI」! 杉山氏が入間市の子どもたちのために作曲した「子どもたちへの応援歌」を入間市中央少年少女合唱団と一緒に披露します。

申し込み締め切り日

平成30年11月19日(月曜日)

申し込み

必要

対象

入間市在住・在勤・在学の方、東京家政大学学園関係者等

費用

不要

託児

あり

1歳から未就学児の保育あり(無料)申込先着順5名

保育を希望される方は、11月19日(水曜日)までに、入間市こども支援課へお申込みください。

手話

あり

入間市こども支援課へお問い合わせください。

要約筆記

あり

ヒアリングループあり

入間市こども支援課へお問い合わせください。

定員
400名
共催
東京家政大学地域連携推進センター
問い合わせ
入間市役所こども支援課

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

こども支援部 こども支援課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。