「春のリズム」作:工藤 健

 

ページ番号1002098  更新日 平成29年3月3日 印刷 

作品「春のリズム」

製作意図
 面と面が交わるところに稜線ができる。その面に照射される光線が変化する時、表情もが変容する。このおもしろさを人体表現に応用して数年を経過した頃(1984年制作)の作品である。面と面、線と線とが互いにリズム感を持って響き合う、単純化と複雑化が混在するそんな人体像を創りたかった。掲げる輪はタンバリンである。
 同年同じコンセプトで制作した作品には「母と子」秋田県立美術館蔵、「あら今日は」横浜駅西口広場等がある。
設置場所
産業文化センター
本体
高さ186センチメートル、幅60センチメートル、奥行45センチメートル
台座
高さ88センチメートル、幅61センチメートル、奥行61センチメートル
材質
ブロンズ
設置年度
昭和59年度

このページに関するお問い合わせ

教育部 社会教育課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2964-4841
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。