21.日本一の道標といちょう通り

 

ページ番号1002073  更新日 平成29年3月3日 印刷 

日本一の道標といちょうを望む景色

沿道は走るごとに工場、茶畑、住宅地と風景が変化していきます。
通り沿いの銀杏も四季それぞれに表情を変え、特に秋の紅葉は絶景。
道標は、「北狭山茶場碑入り道」と示され、高さが日本一の道標(4.1メートル)として昭和61年にギネスブックに記載されています。

アクセス

所在地

入間市新久344付近

国道16号宮寺西交差点から北へ延びる道路を「いちょう通り」と呼び、県道63号新久交差点までの約2.5キロメートルからなります。宮寺西交差点からいちょう通りを進み、約2キロメートル先の新久南交差点を過ぎるとすぐ左手に「日本一の道標」がある。

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 商工観光課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。