国際宇宙ステーション無線交信 2008ARISS(埼玉新人クラブ)

 

ページ番号1005768  更新日 平成29年3月8日 印刷 

無線交信タイトル

写真:オープニングセレモニー
オープニングセレモニー

  アマチュア無線を通し、子どもたちの健全育成を目的に「2008 ARISS スクールコンタクト」が平成20年11月15日(土曜日)に実施されました。午後7時28分28秒から37分58秒の間、入間市児童センター展示ホールで良好な状態のもと、国際宇宙ステーション(International Space Station、略称ISS)との完璧な直接無線交信に成功しました。
  今回、ISSとの直接無線交信に成功したのは、児童センター無線教室や独学で無線の免許を取得したメンバーで結成した無線愛好家グループ「埼玉新人クラブ:Newcomers Club In Saitama」の小学校3年生から高校3年生までの有資格者16人です。 
  このスクールコンタクトは、ARISS-Japan や NASA への申請、無線設備の提供および調整作業など、入間市児童センター無線クラブ(社団局:JK1ZAM)の全面的なサポートによって実現したものです。 
  なお、今回のISSとの無線交信は、平成14年3月に総務省が「臨時に開設するアマチュア局の無線設備の操作を行う場合の条件を定める件」、いわゆる「国際宇宙ステーションのアマチュア局と通信を行う場合の特例」の制度によらない無線交信です。全員有資格者によるISSとの直接無線交信は国内では2例のみであり、いずれも入間市児童センターで行われています。
(2008.12.01現在)

写真:やった~交信大成功だ!
やった~交信大成功だ!

交信相手のマイケル・フィンクNASA宇宙飛行士

写真4

  今回、ISSから無線交信してくださった宇宙飛行士は、マイケル・フィンクさん(41歳)です。マイケルさんは、現在第18次長期滞在クルーの司令官としてISSに滞在中です。 
  マサチューセッツ工科大学の学士、スタンフォード大学およびヒューストン大学の修士を取得。1990年空軍に入隊、1996年NASA訓練生を経て、2004年第9次長期滞在クルーとしてISSに187日間滞在、4回(のべ約16時間)の宇宙遊泳を経験。日本(岐阜)に滞在していたこともあり、日本語が上手です。今回の無線交信では、子ども達からの質問に時々、日本語を交えて答えるなどユーモアもあり、親日家としても知られています。    (2008.12.01現在)
(写真:NASA)

NASA宇宙飛行士マイケル・フィンクさんと交信中の埼玉新人クラブ(Newcomers Club In Saitama)のメンバー

NASA宇宙飛行士マイケル・フィンクさんと交信中の埼玉新人クラブ(Newcomers Club In Saitama)のメンバー

 <交信直後の子どもの声>
・日本語のうまさに感動!
・なんとも言えません。
・成功して本当に良かった。
・すげ~。 ・すごく嬉しい!
・英語の発音がむずかしくてとてもきんちょうしたけど答えてくれて良かった。
・一生に一度しかできないかもしれないからいい経験になった。

国際宇宙ステーション

国際宇宙ステーション

  国際宇宙ステーション(ISS)は、アメリカ、ロシア、日本、カナダ、欧州宇宙機関(ESA)加盟11カ国が協力して建設を進めている宇宙ステーションです。地上から約400キロメートル離れた軌道上を約90分で1周しています。 
  長期滞在も可能で、宇宙環境を利用したさまざまな研究や実験を行うための巨大(横の長さ108メートル、進行方向の長さ74 メートル)な有人施設で、2010年に完成し、2016年までの運用が予定されています。日本の実験モジュール「きぼう」も順次、ISSに建設されています。    現在、ISSにはマイケル・フィンク(Michael Fincke)、ユーリ・ロンチャコフ(Yuri Lonchakov)、グレゴリー・シャミトフ(Gregory Chamitoff)の3名の宇宙飛行士が滞在しています。 (2008.11.15現在)

なぜ10分程度しか交信できないの?

電波の届く範囲図

 地球上からISSを見ると太陽や月の動き同様に、地平線から見え始め、反対方向の地平線に消えていきます。ISSは月などに比べてとても小さいですが、肉眼での確認も可能です。軌道や移動の速さから、地上から見える時間は最大でも10分間です。利用する電波の性質(直進性)からこの時間が交信可能時間とほぼ一致します。

無線交信の指導「英語による交信練習」

写真: 11月2日(日曜日)勉強会の様子       11月9日(日曜日)直前の実践的練習
 11月2日(日曜日)勉強会の様子       11月9日(日曜日)直前の実践的練習

  11月15日のスクールコンタクトに向けて、11月2日と9日の2回、研修を行いました。子ども達は英語での質問や実際の交信における無線機の操作方法を集中的に練習しました。特例制度(免許を持たない子ども達の無線交信)を利用して行われているスクールコンタクトでは通常、約半年間にわたり事前研修が行われますが、今回の研修期間は異例の短さです。これは「埼玉新人クラブ」の子ども達全員が無線従事者の資格を持ち、無線工学や運用の知識を修得済みであったため、研修の内容は実践的な交信の練習のみを行えば十分であったことから可能となったものです。(なお、今年の無線教室に参加した子ども達は、5月から無線の勉強を始め、8月に国家試験を受験し、免許を取得した9月以降は無線交信の練習を始めているため、これらの期間まで含めれば、約半年間の研修を受けたことになります。)

交信記録(Communication record)

写真13

ZAM: NA1SS, NA1SS, this is JK1ZAM, Juliett Kilo One Zulu Alfa Mike. Over.
  (NA1SS、NA1SS、こちらはJK1ZAM、ジュリエット・キロ・ワン・ズールー・アルファ・マイク。どうぞ。)

ZAM: NA1SS, NA1SS, this is JK1ZAM, Juliett Kilo One Zulu Alfa Mike. This is scheduled contact. Over.
  (NA1SS、NA1SS、こちらはJK1ZAM、ジュリエット・キロ・ワン・ズールー・アルファ・マイク。予定の交信です。どうぞ。)

ISS: Juliett Kilo One Zulu Alfa Mike, this is NA1SS.
  (ジュリエット・キロ・ワン・ズールー・アルファ・マイク、こちらはNA1SS。)

ZAM: NA1SS, this is JK1ZAM. Good morning, thank you very much for coming back to our call. Your signal is 59. Over.
  (NA1SS、こちらはJK1ZAM。お早うございます、応答ありがとうございます。そちらの信号は5・9です。どうぞ。)

ISS: Juliett Kilo One Zulu Alfa Mike, this is NA1SS.
  (ジュリエット・キロ・ワン・ズールー・アルファ・マイク、こちらはNA1SS。)

ZAM: NA1SS, this is JK1ZAM, your signal is 59. My question is .... Can we start to ask our questions? Over.
  (NA1SS、こちらはJK1ZAM。そちらの信号は5・9です。質問を始めてもよろしいでしょうか。どうぞ。)

ISS: Juliett Kilo One Zulu Alfa Mike, this is NA1SS.
  (ジュリエット・キロ・ワン・ズールー・アルファ・マイク、こちらはNA1SS。)

ZAM: NA1SS, this is JK1ZAM, your signal is 59. Over.
  (NA1SS、こちらはJK1ZAM。そちらの信号は5・9です。どうぞ。)

ISS: Juliett Kilo One Zulu Alfa Mike, yes, I can hear you now. Kon-ban-wa. I'm ready.
  (ジュリエット・キロ・ワン・ズールー・アルファ・マイク、はい了解です。コン・バン・ワ。用意はできてます。)

ZAM: (1)Konbanwa. This is Atsushi. Is it true that you have a plan to connect the space station to the earth with the carbon nanotube? Over.
  (コンバンワ。こちらはアツシです。宇宙ステーションと地球をカーボンナノチューブでつなぐ計画があるって本当ですか。どうぞ。)

ISS: Ima ii kangae desu, sore dake. That is to say, that right now that's only an idea. We do not have the carbon nanotubes yet that are strong enough, but someday that could save us so that we don't have to use rockets. Over.
  (イマ、イイカンガエデス、ソレダケ。現時点では、それはただのアイデアの一つといわなければなりません。宇宙ステーションと地球をつなぐのに十分に強力なカーボンナノチューブがまだありません。しかし、いつかカーボンナノチューブが私たちを救う事ができれば、ロケットを使う必要はありませんね。どうぞ。)

ZAM: (2)This is Hiromasa. How did you vote for presidential election? Over.
  (こちらはヒロマサです。大統領選挙はどのように投票しましたか。どうぞ。)

ISS: Soudesune, I used a computer and through Eメール, secret Eメール, I was able to make my vote for the United States President. It was very amazing to vote from space. Over.
  (ソウデスネ、私はコンピューターでEメール、秘密のEメールを使って、アメリカの大統領を選ぶための投票をすることができました。宇宙から投票できるなんてすごいですよね。どうぞ。)

ZAM: (3)This is Yuki Nakazato. What do you think to become an astronaut? Over.
  (こちらはユキ・ナカザトです。宇宙飛行士になってよかったですか。どうぞ。)

ISS: Yes, since I was a little boy I'd wanted to be an astronaut. And then my dream came true four years ago. And now I get to fly again in space. Over.
  (はい、私は子供のころから宇宙飛行士になりたかったんです。そして4年前、私の夢はかないました。そして今、ふたたび宇宙を飛んでいます。どうぞ。)

ZAM: (4)This is Masato. What is inconvenience to live under zero gravity? Over.
  (こちらはマサトです。無重量状態で不便なことはなんですか。どうぞ。)

ISS: There is some inconvenience. Chotto fuben. But it is very very fun to fly around. You could fly around everywhere and you lift up heavy things, so it is much more fun. Sugoi benri des. Sugoi sugoi des.
  (いくらか不便なことはあります。チョットフベン。しかし、空中を飛び回ることは大変楽しいことです。あちこちを飛び回ったり、重い物を持ち上げることができます。だからもっともっと楽しいです。スゴイベンリデス。スゴイスゴイデス。)

ZAM: (5)This is Katsuki. Is space food delicious? Over.
  (こちらはカツキです。宇宙食はおいしいですか。どうぞ。)

ISS: Space food is not bad. We .... Ma ma des. We have .... But we do not have refrigerators, we do not have microwave oven, we do not have many things, so the food is very limited. Over.
  (宇宙食はそう悪くはないです。マアマアデス。しかし、冷蔵庫もなければ電子レンジもなく、無いものがたくさんあります。だから、食べられる物も限られます。どうぞ。)

ZAM: (6)This is Masayoshi. When do you feel difficulty in space station? Over.
  (こちらはマサヨシです。宇宙ステーションの中で大変なことは何ですか。どうぞ。)

ISS: Thank you for your question. We feel difficulty when we cannot spend time with our families. We miss our families very much. Over.
  (その質問をしてくれてありがとう。家族とともに過ごせない時に、大変さを覚えます。私たちは家族と会えなくて、とても寂しい思いをしています。どうぞ。)

ZAM: (7)This is Naoki. Which planet would you like to visit in the future? And why? Over.
  (こちらはナオキです。将来、どの星に行ってみたいですか。それはなぜですか。どうぞ。)

ISS: I would like to visit the planet Mars in the future, because I think that's where the humans may have another colony someday. And that the human beings will go explore space. Over.
  (将来は火星にいってみたいと思います。いつか人類がコロニーを建設できる星だろうからね。人類は宇宙探検にいくようになるでしょう。どうぞ。)

ZAM: (8)This is Tomohide. How do you spend your free time? Do you play games? Over.
  (こちらはトモヒデです。休みの時にどのようなことをしますか。ゲームなどをしますか。どうぞ。)

ISS: Of course, on space station, we do not have a lot of free time. I spend most of my free time reading electronic books. And yes, I do play some electronic games. Over.
  (もちろん、宇宙ステーションでは自由な時間はあまりありません。私は自由な時間のほとんどを電子書籍を読んで過ごします。そしてそう、電子ゲームをします。どうぞ。)

ZAM: (9)This is Youki. What is your favorite Japanese word? Over.
  (こちらはユウキです。一番好きな日本語はなんですか。どうぞ。)

ISS: Soudesune, watashino ichiban daisukino kotobawa "sugoi, sugoi" desu.
  (ソウデスネ、ワタシノイチバンダイスキノコトバハ「スゴイ、スゴイ」デス。)

ZAM: (10)This is Kan. How long do you think you can live in the space station? Over.
  (こちらはカンです。どのくらい長く宇宙ステーションで暮らせると思いますか。どうぞ。)

ISS: Hello, Kan. This is my second trip by six months. Rokkagetsuno. But the thing is that I think human beings can live on space station for a couple of years, but we really haven't tried that too much. Over.
  (カン君、こんにちは。私にとって今回は6か月に及ぶ2度目の滞在です。ロッカゲツノ。しかし、人間は宇宙ステーションで2年は暮らすことができると思いますが、そんなにたくさんは試したことはありません。どうぞ。)

ZAM: (11)This is Hiroki. What was today's wake-up call? What is your most favorite wake-up call? Over.
  (こちらはヒロキです。今朝のwake-up callは何でしたか。今までのwake-up callの中で一番、気に入った曲は何でしたか。どうぞ。)

ISS: What a very nice question! Today is a rest day for us, so my first wake-up call was to hear your voices from Japan. And anytime I hear anything from Japan, I'm very happy. Over.
  (なんていい質問でしょう。今日は休息日なので、一番最初の目覚ましコールは日本のあなたたちの声でした。日本から何かを聞くのは、どんなときも楽しいです。どうぞ。)

ZAM: (12)This is Yuki Hiramoto. How much does it cost for round trip between the space station and the earth? Over.
  (こちらはユキ・ヒラモトです。宇宙ステーションと地球を往復するのにお金はいくら位かかるんですか。どうぞ。)

ISS: Well, if you wanted to buy a ticket like my friend Mr. Garriott-san, when he bought a ticket it was about 30 million dollars. And I do not know how much that is in yen, but that's a lot of money. Over.
  (ええと、私の友人のギャリオットさんのようにチケットを買いたいとすれば、彼の場合約3,000万ドルで購入していました。それが日本円ではいくらになるのか分かりませんが、たくさんのお金が必要ですね。どうぞ。)

ZAM: (13)This is Kei. Why doesn't the space station fall down? Over.
  (こちらはケイです。なぜ宇宙ステーションは落ちてこないのですか。どうぞ。)

ISS: The space station doesn't fall down because we are going so fast. We are going 26,000 km per hour, which is very fast, so even if we try to fall down, we miss the earth. Over.
  (宇宙ステーションはとても速く動いているので、落ちたりはしません。時速26,000kmというとても速い速度で動いていますから、落っこちようとしても地球に当たることはできないでしょう。どうぞ。)

ZAM: (14)This is Ryota. Do you clean up inside the space station? How do you clean it up? Over.
  (こちらはリョウタです。宇宙ステーションの中を掃除しますか。どのように掃除をしますか。どうぞ。)

ISS: Yes, we have a vacuum cleaner inside the space station, and we do clean up every Saturday. So once my crewmates wake up, we will all clean today. Today's a very important day to clean. Over.
  (はい、宇宙ステーション内には掃除機があります。そして毎週土曜日に掃除をします。だからクルーが起きてきたらみんなで掃除をします。今日は掃除をするとても重要な日です。どうぞ。)

ZAM: (15)This is Akihiro. Why does the earth look blue? Over.
  (こちらはアキヒロです。なぜ地球は青く見えるのですか。どうぞ。)

ISS: The earth looks blue because of the nature of our atmosphere. The atmosphere around our planet bends the light to make it look blue. And we have such a beautiful blue planet. Over.
  (地球が青く見えるのは大気の性質のせいです。私達の星(=地球)を取り囲んでいる大気が光を屈折させるので青く見えるのです。そしてこんなにも美しく青い惑星となっているのです。どうぞ。)

ZAM: (16)This is Tatsuki. Can you use the Internet in the space station? Over.
  (こちらはタツキです。宇宙ステーションではインターネットを見られるのですか。どうぞ。)

ISS: Tatsuki san, ano intanetto arimaskedo. We only have Eメール. We cannot use websites. So we can only have Eメール aboard the space station. Over.
  (タツキサン、アノー、インタネットアリマスケド。Eメールしか使えないんです。ウェブ上のサイトは使えないんです。だから宇宙ステーションにはEメールしか搭載されていません。どうぞ。)

ZAM: (17)This is Hiromasa. I heard that the muscle gets weak if you stay in space for a long time. How long does it take to recover after you come back to the earth? Over.
  (こちらはヒロマサです。宇宙に長く滞在していると筋肉の力が弱くなってしまうそうですが、地上に戻ってからもと通りに回復するまでどのくらい期間がかかるのですか。どうぞ。)

ISS: Yes, aboard the space station, exercise everyday for two hours and then when we come back lots of exercise also. Everybody gets back to normal in their own time. For me, it was just a couple of weeks after my first mission. Over.
  (はい、宇宙ステーションでは、毎日2時間ずつ運動をします。そして地球に戻った後もたくさん運動をします。本来の状態に戻るのには、人によって時間のかかり方が違います。私の場合、最初のミッションの後はちょうど2週間かかりました。どうぞ。)

ZAM: (18)This is Yuki Nakazato. What was the most delicious space food you've ever eaten? Over.
  (こちらはユキ・ナカザトです。今まで食べた宇宙食の中で一番美味しかったのは何ですか。どうぞ。)

ISS: Kare rice.
  (カレーライス。)

ZAM: (19)This is Masato. Are there addresses in space? Over.
  (こちらはマサトです。宇宙には住所があるのですか。どうぞ。)

ISS: Ah, are there addresses in space? Not yet. We only have one address in space right now and that's the International Space Station. But someday I hope we have a moon base and a Mars base and then we will have to need addresses.
  (えー、宇宙に住所があるかですね?まだありません。現在は宇宙には一つだけ住所があります。それは国際宇宙ステーションです。でも、いつか月基地や火星基地ができるといいなと思っています。そうしたら住所が必要になるでしょうね。)

ZAM: (20)This is Katsuki. Can you see the autumn colors from space? Over.
  (こちらはカツキです。宇宙からも紅葉がみえますか。どうぞ。)

ISS: Not yet, but I hope someday to come back to Japan to enjoy the autumn colors. But from space it's very difficult to see. Over.
  (まだです。でもいつか日本に帰って紅葉を楽しみたいですね。しかし、宇宙からは紅葉を見るのは難しいですね。どうぞ。)

ZAM: (21)This is Hiromasa. This is the last question. 最近の出来事ですごい、すごいと思う事はありましたか。 Over.
  (こちらはヒロマサです。最後の質問です。最近の出来事ですごい、すごいと思う事はありましたか。どうぞ。)

ISS: Soudesune, ano uchuwa nihonmo sugoi daisuki desu. Sorekara, kyowa uchumo nihonmo attakara sugoi sugoi datta. Sorekara, arigato gozaimashita minasan. Arigato gozaimashita. Ganbatte kudasai. Over.
  (ソウデスネ、アノー、ウチュウハ、ニホンモスゴイダイスキデス。ソレカラ、キョウハ、ウチュウモニホンモアッタカラ、スゴイスゴイダッタ。ソレカラ、アリガトウゴザイマシタ、ミナサン。アリガトウゴザイマシタ。ガンバッテクダサイ。どうぞ。)

ZAM: NA1SS, this is JK1ZAM. 今日はどうもありがとうございました。さようなら。Good-bye. Over.
  (NA1SS、こちらはJK1ZAM。今日はどうもありがとうございました。さようなら。グッバイ。どうぞ。)

ISS: JK1ZAM, this is NA1SS. Kochirakoso hontoni kokorokara arigato gozaimashita. Minasan, ganbatte kudasai. benkyo. Good-bye from the International Space Station. This is Mike Fincke, commander in the space station, along with my crewmates Yuri and Greg, saying good-bye. Sayonara desu.
  (JK1ZAM、こちらはNA1SS。コチラコソ、ホントウニココロカラアリガトウゴザイマシタ。ミナサン、ガンバッテクダサイ、ベンキョウ。国際宇宙ステーションからさようなら。こちらはマイク・フィンク宇宙ステーション司令官、クルーのユーリ、グレッグとともに、さようなら。サヨナラデス。)

ZAM: ありがとうございました。頑張って下さい。 See you.
  (ありがとうございました。頑張って下さい。シーユー。)

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

こども支援部 青少年課 児童センター
〒358-0001 埼玉県入間市向陽台1-1-6
電話番号:04-2963-9611 ファクス:04-2963-9612
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。