エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。
現在位置 :入間市公式ホームページ トップ › 健康・福祉 › 健康・医療 › 高齢者のインフルエンザ予防接種事業のお知らせ

ここから本文です。

高齢者のインフルエンザ予防接種事業のお知らせ

更新日 平成28年11月24日ID番号 Ir4868

市では高齢者のインフルエンザの感染を予防し、健康増進を図るため、希望する方に予防接種を実施します。

内容

対象者
入間市内に住所を有し、インフルエンザ予防接種を希望する次の方

1 接種日に65歳以上の方

2 接種日に60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害を有する方、 もしくはヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方(いずれも身体障害者手帳1級相当の障害)

※年齢計算に関する法律により、誕生日の前日から対象となります。
※原発避難者特例法の避難者も対象となります。対象者には個別に通知をお送りします。
実施期間
平成28年10月20日(木)から平成29年1月31日(火)まで
※市外での接種は平成28年10月20日(木)から平成28年12月25日(日)まで

※ワクチンの効果が出るまでに2週間程度かかります。
なるべく12月中旬までに接種してください。
接種回数
年1回
費用
1,500円の自己負担があります。
(対象者のうち、生活保護法による被保護者および中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援給付を受けている方は自己負担なし)

※ 平成28年10月19日以前及び平成29年2月1日以降に接種した場合は全額自己負担となります。
持参品
健康保険証などの身分証明証 (生活保護を受けている方は受給証、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援給付を受けている方は本人確認証、対象者の『2』に該当する方は身体障害者手帳)

市内で予防接種を希望する方

接種に必要な書類は、医療機関に置かせていただいています。
指定医療機関に直接問い合わせの上、接種するようにしてください。

市内指定医療機関

豊岡地区 宮寺・二本木地区
あたごクリニック 2963-2373 小林病院 2934-5121
井上クリニック 050-5533-1999 さくらガーデンクリニック 2934-7738
入間黒須クリニック 2966-7802 下枝医院 2934-2830
大樹台クリニック 2962-1155 藤沢地区
太田医院 2962-2606 荒井医院 2966-8001
大戸耳鼻咽喉科 2962-1512 いるまクリニック 2962-1151
おのうえキッズクリニック 2962-2068 かわな整形外科 2966-6781
かたぎりクリニック 2990-8774 小宮山医院 2962-2689
小室医院 2962-2951 澤田医院 2962-2151
白石医院 2963-2316 下藤沢皮フ科クリニック 2933-5333
鈴木内科医院 2901-2662 松風荘病院 2962-3091
寺師医院 2962-3352 すずらんクリニック 2964-3211
豊岡クリニック 2963-1116 高橋内科 2901-0777
豊岡整形外科病院 2962-8256 段塚クリニック 2964-3511
豊岡第一病院 2964-6311 つばさ総合診療所 2960-0777
中里小児科医院 2962-2940 はなわ内科・胃腸内科クリニック 2935-7122
林医院 2963-4716 本田小児科内科クリニック 2960-1780
原田病院 2962-1251 武蔵藤沢セントラルクリニック 2901-8155
マキレディースクリニック※1 2966-8103 やすらぎクリニック 2901-4888
山岸内科クリニック 2960-1106 山田クリニック 2960-3200
東金子地区 西武地区
入間台クリニック 2936-5055 小川耳鼻咽喉科気管食道科医院 2932-3344
入間ハート病院 2934-5050 小野整形外科医院 2932-7288
金子病院 2962-2204 西武入間病院 2932-1121
金子地区 西武クリニック 2932-0117
坂本クリニック 休診中 細谷医院 2932-5131

市外(埼玉県内)で予防接種を希望される方

市では、埼玉県の住所地外相互乗り入れ制度に加入しています。
市外(県内)の医療機関で接種する場合、接種医が制度に加入している医師であることが条件となります。
また、市内とは異なり、予診票などが医療機関にない場合がありますので、必ず事前に健康管理課へお問い合わせください。


実施期間
平成28年10月20日(木)から平成28年12月25日(日)まで
※市内で接種する場合と期間が異なりますので、ご注意ください。

 

県外で予防接種を希望される方

県外での予防接種は、基本的にできません。
ただし、入院・入所等やむを得ない理由があれば、接種できるよう調整させていただきますので、必ず事前にご相談ください。

注意事項

副反応

 予防接種をすることにより注射の跡が赤みを帯びたり、はれたり、痛んだりすることがあります。
 更に、わずかながら、熱が出たり、寒気がしたり、頭痛、全身のだるさなどがみられることもありますが、通常は2~3日のうちに治ります。
 また、接種後数日から2週間以内に発熱、頭痛、けいれん、運動障害、意識障害の症状があらわれる等の報告があります。
 非常にまれですが、ショックやじんましん、呼吸困難などの症状があらわれることがあります。

接種後

 予防接種を受けた後30分間は、急な副反応が起こることがあります。医師とすぐに連絡を取れるようにしておきましょう。
 インフルエンザワクチンの副反応の多くは24時間以内にあらわれますので、特にこの間は体調の変化に気をつけてください。
 予防接種を受けた後、接種した部位が痛みや熱をもってひどくはれたり、全身のじんましん、繰り返す嘔吐、顔色の悪さ、低血圧、高熱などが現れたら、医師の診察を受けてください。
 入浴は差し支えありませんが、注射した部位を強くこすることはやめましょう。
 激しい運動や大量の飲酒は避けましょう。

予防接種健康被害救済制度

● 高齢者インフルエンザ予防接種事業に基づいて、ワクチンを接種したことにより、重篤な疾病にかかり、一定程度の障害が残った場合や亡くなられ、厚生労働大臣が予防接種法に基づく定期の予防接種によるものと認定したときは、予防接種法に基づく健康被害救済の給付の対象となります。健康福祉センター健康管理課までご連絡ください。

● 実施期間外に全額自費で接種した方に、副反応が現れ健康被害が起こったときは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく救済制度があります。詳細は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のホームページ 健康被害救済制度をご覧ください。または、救済制度相談窓口(電話0120-149-931、03-3506-9411)へお問い合わせください。

● 財団法人予防接種リサーチセンター(電話03-3341-8864)でも、予防接種健康被害者及び家族等からの電話による相談並びに家庭等を訪問し予防接種健康被害者救済制度の給付に関する相談、社会福祉制度の活用、看護・介護や療育、リハビリテーションの相談及び専門の医療機関への紹介等を行っています。

その他注意事項

● 接種は1回のみです。
● 実施期間外に接種した場合は、全額自己負担となります。
● インフルエンザの予防接種は、対象者のうち希望する方のみに行い、義務付けられたり強制されるものではありません。
● インフルエンザが流行するピークは12月から翌年1月です。
  ※インフルエンザワクチンは、接種してから実際に効果を発揮するまで約2週間かかりますので12月中旬までに接種することを特にお勧めします。
● 心臓病・腎臓病・肝臓病・血液その他慢性疾患の病気で治療中の方、アレルギーのある方は接種可能かどうか主治医とよくご相談ください

関連情報

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉センター健康管理課 予防接種担当
住所:入間市大字上藤沢730-1
電話:04-2966-5511 ファクス:04-2966-5514
メールでのお問い合わせフォーム

このページのトップへ戻る