新型コロナウイルス感染症について

 

ページ番号1010136  更新日 令和2年2月25日 印刷 

市民の皆様へ

現在、患者の発生状況等の必要な情報について、厚生労働省が随時公表をしています。市民の皆様におかれましては、咳エチケットや手洗いなど、インフルエンザ等と同様の感染症対策をお願いいたします。
 

日常生活で気をつけること

•流水と石鹸による手洗いをまめに行いましょう。特に外出した後、口や鼻、目などに触る前には手洗いを徹底しましょう。
•咳やくしゃみをする場合には、口と鼻を手ではなく、ティッシュで押さえましょう。ティッシュがない場合は腕(肘の内側)で押さえましょう。その後、ティッシュは捨て、流水と石鹸で手を洗いましょう。最後に、消毒用アルコールを使用すると、より効果的です。
•咳やくしゃみが出ている場合には、マスクを使用しましょう。
•マスクは、鼻と口を確実に覆い、隙間ができたり、あごが大きく出ないようにつけましょう。
 

新型コロナウイルスに関する誤った情報や噂にご注意ください

新型コロナウイルスに関する様々な情報や噂がインターネットやSNS等で流れていますが、その中には事実と異なる情報もあります。
市民の皆様におかれましては、厚生労働省や県、市が発信する正確な情報に基づき、冷静な対応を心掛け、落ち着いて行動していただくようお願いします。

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み外出を控えてください。
・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。
 

帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安

1.次の症状がある方は、帰国者・接触者相談センターへご相談ください。
(1)風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方(解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
(2)強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方
2.以下のような方は、重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合は、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。
・高齢者
・糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方や透析を受けている方
・免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
・妊婦の方
※ 小児については、現時点で重症化しやすいとの報告はなく、新型コロナウイルス感染症については、1.の目安どおりの対応をお願いします。
※ 現時点では新型コロナウイルス感染症以外の病気の方が圧倒的に多い状況であり、インフルエンザ等の心配があるときには、通常と同様に、かかりつけ医にご相談ください。

帰国者・接触者相談センター

埼玉県では帰国者・接触者相談センターを設置しています。
◇平日昼間(8時30分から17時15分)
•各保健所
 入間市の管轄は、狭山保健所 電話04-2954-6212
◇土曜・日曜・休日昼間(8時30分から17時15分)
•埼玉県保健医療政策課 感染症・新型インフルエンザ対策担当 電話048-830-3557
◇夜間(17時15分から8時30分)
•埼玉県救急電話相談 電話#7119
(注意)#7119は、新型コロナウイルスに限定した窓口ではありません。「医療機関を受診すべきと考えられる主な対象者」に該当しない場合でも、24時間365日相談は可能です。
※ 夜間は電話がつながりにくくなる恐れがあります。極力昼間の時間帯での相談をお願いします。
◇厚生労働省フリーダイヤル(9時00分から21時00分) 電話0120-565653
※ 厚生労働省が、症状に不安がある場合など、一般的なお問い合わせの窓口を開設しています。
 

入間市の対応

市では、庁内の連携体制を強化し、感染拡大の防止対策を推進するため「入間市新型コロナウイルス感染症対策会議」を開催しています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 地域保健課
〒358-0013 埼玉県入間市上藤沢730-1
電話番号:04-2966-5513 ファクス:04-2966-5514
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。