重度心身障害者医療費助成

 

ページ番号1000854  更新日 平成30年11月5日 印刷 

対象者

下記に該当する方。

1.身体障害者手帳1・2・3級のいずれかの交付を受けている方。
2.療育手帳○A・A・Bのいずれかの交付を受けている方。
3.精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている方。
4.65歳以上で、埼玉県後期高齢者医療広域連合の定める下記の障害程度の状態(※1)と認定を受けた方。

※1:障害程度の状態

・精神障害者保健福祉手帳1・2級のどちらかの交付を受けている方

・身体障害者手帳4級(音声又は言語機能の障害)の交付を受けている方

・身体障害者手帳4級(下肢障害の一部)の交付を受けている方

・障害年金1・2級のどちらかを受けている方。

ただし、平成27年1月1日以降に65歳以上で初めて上記1から4のいずれかに該当する障害者手帳の交付を受けた方は、対象外です。

なお、既にこの医療費助成制度の対象であった方は、引き続き対象となります。

(注)生活保護受給世帯の方は対象となりません。

内容

病院等で診療を受けた場合、各種医療保険制度による医療費の一部負担額(附加給付・高額療養費を除く)を助成します。
ただし、入院時食事療養費は、1/2の助成となります。(20未満までの入院時食事療養費は全額助成)

※上記対象者のうち「3.精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けている方」については、
  精神病床への入院に係る費用は助成対象外です。

所得制限

平成31年1月1日より、医療費の助成を受ける方の所得の合計額が基準額を上回った場合、医療費の助成は支給停止となります。所得の審査は毎年行います。

基準額 360万4千円※ (給与収入に換算した場合は、およそ年収518万円)

※医療費の助成を受ける方に扶養者がいる場合は、扶養人数×38万円が加算されます。

支給停止期間  1年間(10月~9月分)

(例)平成30年の所得金額が基準額を上回った場合 平成31年(2019年)10月から平成32年(2020年)9月まで支給停止

経過措置として、平成30年12月末日までに資格登録をされた方は、平成34年9月までは所得に関わらず、医療費の助成を受けることができます。平成34年10月から所得制限が適用され支給停止となる場合があります。

(注)平成30年1月2日以降に入間市に転入される方につきましては、その年の1月1日に居住されていた市区町村の発行する「課税証明書」の提出が必要です。なお、課税証明書がなくても、資格登録の手続きはできますが、受給者証は所得の審査を行なった後、受給者として認定された場合に発行します。

窓口(問い合わせ)

障害者支援課障害福祉担当

このページに関するお問い合わせ

福祉部 障害者支援課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。