新生児聴覚スクリーニング検査

 

ページ番号1008672  更新日 平成30年10月11日 印刷 

新生児聴覚スクリーニング検査

生まれてまもない赤ちゃんを対象に行う耳のきこえの検査です

きこえの障害(聴覚障害)は目に見えず、2歳ごろまでわからないことが多いため、発見が遅れがちです。
きこえに障害があることに気づかずにいると、ことばの発達が遅れたり、コミュニケーションが取りにくいなどの支障が起きます。
新生児聴覚スクリーニング検査で、きこえの障害を早く見つけ、適切な指導を受けることで赤ちゃんの能力を十分に発揮させ、ことばの発達を促すことができます。
 

*新生児聴覚スクリーニング検査は健康保険が適用されないので、自費診療となります。費用は3,000円~10,000円が中心ですが、詳しくは医療機関にお問い合わせください。

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 地域保健課
〒358-0013 埼玉県入間市上藤沢730-1
電話番号:04-2966-5513 ファクス:04-2966-5514
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。