国立障害者リハビリテーションセンター学院との連携協定

 

ページ番号1010348  更新日 令和2年3月24日 印刷 

国立障害者リハビリテーションセンター学院との連携協定を締結しました

 令和2年3月19日、入間市は、国立障害者リハビリテーションセンター学院(所沢市)との連携協定を締結しました。市町村と学院の連携協定としては全国でも初めての試みです。令和2年4月から開設する児童発達支援センターの事業に学院の知見を活かし、市全域の児童発達支援の向上を図ります。

1 目的

 国立障害者リハビリテーションセンター学院と入間市の児童発達支援に関する連携協力体制を構築することにより、地域における児童発達支援の質の向上を図り、もって学院の発展、市のまちづくりに寄与することを目的とします。

2 国立障害者リハビリテーションセンター学院について

 国立障害者リハビリテーションセンター学院は、障害のある人々の自立した生活と社会参加を支援する国立障害者リハビリテーションセンターの一部門であり、障害者のリハビリテーションに関する技術者に対し、障害者のリハビリテーションに関する理論及び技術を授けること並びに障害児の保護及び指導に従事する職員に対し、障害児の保護及び指導に関する理論及び技術を授けることを目的とした養成・研修を行う教育・訓練担当部門です。

3 期待する効果

 国立障害者リハビリテーションセンター学院(以下「学院」)との連携により、学院の高度な知識や専門性を入間市の児童発達支援センター(以下「センター」)の事業に取り入れ、また、事業の展開方向や実施方法に対する助言指導を得ることができ、センターが取り組む、市全域の発達支援の向上への効果が期待できます。

4 連携協力する事項

(1) 学院の専門的な知見をセンターの事業に活用すること
(2) センターの事業を学院の人材養成・研修に活用すること
(3) センターにおける実践等に基づき、よりよい子育て支援及び発達支援のあり方について話し合いを行うこと
(4) 両者の効果的な連携のあり方について協議すること
(5) その他、両者が必要と認める事項

20200319国リハ学院との連携協定書
国リハ学院との連携協定書 2020年3月19日締結

このページに関するお問い合わせ

こども支援部 こども支援課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。