児童扶養手当制度

 

ページ番号1001425  更新日 令和2年10月10日 印刷 

児童扶養手当について

 父親または母親のいない家庭や、父親または母親が一定の障害の状況にある家庭のお子さんの母親または父親、父母に代わって養育している方に手当を支給しています。
 ※平成22年8月分からは父子家庭も対象になりました(それよりも前は、主に母子家庭が対象)

受給要件

 次のいずれかに該当するお子さん(18歳になった年の年度末まで)、または障害があるお子さん(20歳未満)を養育している母親・父親、または養育者

  • 父母が離婚したお子さん
  • 父親または母親が死亡したお子さん
  • 父親または母親に一定基準以上の重度の障害があるお子さん
  • 父親または母親の生死が明らかでないお子さん
  • 父親または母親が一年以上遺棄しているお子さん
  • 父親または母親が裁判所からのDV保護命令を受けたお子さん
  • 父親または母親が一年以上拘禁されているお子さん
  • 母親が婚姻によらないで懐胎したお子さん

手当が受けられない場合

  • 児童福祉施設(母子生活支援施設、通園施設は除く)にお子さんが入所している場合
  • 婚姻届を提出していないが事実上婚姻関係と同様の状態にある場合など

手当の額

お子さん1人の場合は月額4万3,160円。2人の場合は月額10,190円加算、3人以上の場合は1人につき月額6,110円が加算されます。ただし、受給資格者、扶養義務者の所得が一定額以上の場合はその一部または全部が減額となります。

児童扶養手当所得制限額表

 

※所得制限額は、前年の所得申告上の扶養人数により変わります。
※収入額は、給与所得の場合の目安です。事業所得や年金所得などの場合は、この限りではありません。
 

平成26年12月1日から児童扶養手当法が改正されました。

 これまで、公的年金を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当額より低い方は、その差額分を児童扶養手当を受給できるようになりました。
 詳しくは、こども支援課までお問い合わせください。(電話04-2964-1111)

 ※公的年金とは、遺族年金、障害年金、老齢年金、労災年金、遺族補償など

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

こども支援部 こども支援課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。