ドメスティック・バイオレンス(DV)に関する相談窓口

 

ページ番号1010737  更新日 令和2年4月27日 印刷 

一人で悩まないでご相談ください

DV(ドメスティック・バイオレンス)とは、配偶者(元配偶者)や恋人など親密な間柄でふるわれる暴力のことです。DVは犯罪ともなる許されない行為です。体を傷つける暴力だけでなく、大声でどなる、大切な物を壊す、性的行為を強要する、生活費を渡さない、子どもを利用して脅すなどの行為もDVです。DVは被害者の体と心を深く傷つけます。

DVは犯罪となりうる重大な人権侵害です。いかなる理由があっても暴力は許されません。

一人で悩まないで、下記へご相談ください。(相談無料、秘密厳守)

緊急の場合は、迷わず110番を!

内閣府男女共同参画局

新型コロナウイルス感染症に伴う生活不安・ストレスなどにより、DVの増加・深刻化が懸念されていることから、内閣府では、最寄りの配偶者暴力支援センターにつながるDV相談ナビに加え、緊急的に新たなDV相談窓口「DV相談+(プラス)」を4月20日午前9時から開始します。

♦DV相談ナビ 電話番号 0570-0-55210

♦V相談+(プラス) 電話番号 0120-279-889
・運用開始 令和2年4月20日(月曜日)午前9時~
・相談時間 毎日 午前9時から午後9時まで ※4月29日(水曜日)夜から24時間対応予定
・令和2年5月1日(金曜日)正午から、外国語相談対応

詳細は内閣府ホームページ [外部サイトへのリンク] をご覧ください。

新型コロナウイルス感染症緊急経済対策による「特別定額給付金(仮称)」について

配偶者からの暴力を理由に避難している方で、事情により2020年4月27日(月曜日)以前に、今お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方は、申し出の手続きをしていただくと、以下の措置を受けられます。

1.世帯主でなくとも、同伴者の分を含めて、特別定額給付金の申請を行い、給付金を受け取ることができます。
2.手続きを行った方とその同伴者分の特別定額給付金は、世帯主(配偶者など)からの申請があっても支給しません。

詳細は、下記リンクを参照ください。

入間市男女共同参画推進センター・女性のための悩みごと相談(面接・電話)

 入間市男女共同参画推進センターでは、DV相談をはじめ、人間関係、家族、夫婦など、女性全般の相談を受け付けています。センターでは新型コロナウイルス感染防止対策を講じたうえで、面接相談や電話相談を実施しています。どのような相談でも構いません。秘密は厳守します。相談はすべて無料です。なお、面接相談については、予約した時間内で電話相談に切り替えて対応することも可能ですので、安心してお気軽にご利用ください。

 

女性のための悩みごと相談(面接・電話)


相談内容は問いません。専門の相談員がお話をお伺いします。

内容

電話番号

曜日

時間

備考

面接相談

(要予約)

04-2964-2561

月・金曜日

(祝日、年末年始除く)

午前10時00分~正午 

午後1時00分~午後3時00分

1人約60分

 

電話相談

04-2964-2545

水曜日

(祝日、年末年始除く)

午前10時00分~正午

午後1時00分~午後3時00分

1人約30分

 

※上記の日時以外も必要に応じて電話での相談対応を行います。(祝日・年末年始除く平日 午前8時30分~午後5時15分まで)

 

 

埼玉県男女共同参画推進センター(愛称:With You さいたま)

配偶者からの暴力(ドメスティック・バイオレンス=DV)をはじめ、交際相手(異性・同性)からの暴力(デートDV)、人間関係、家族・夫婦間における問題、生きづらさなどについて、ご相談に応じます。
相談は無料、相談内容の秘密は固く守ります。

電話番号 : 048-600-3800
受付時間 : 月~土10時00分~20時30分 ※祝日・年末年始・第3木曜日を除く
男性からの相談にも応じています。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権推進課
〒358-0003 埼玉県入間市豊岡4-2-2
電話番号:04-2964-2536
ファクス:04-2964-2539
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。