7月13日 消費生活講演会「消費者としての災害食の取り組み~選び方のコツ~」

 

ページ番号1006838  更新日 平成29年6月23日 印刷 

イベントカテゴリ: 講座・教室

熊本地震から1年が経ちました。悲惨な爪痕はまだまだ癒えていません。
今後、どこで、いつ、災害が起こってもおかしくない状況です。災害によりライフライン、生活資材の流通がストップし、日頃の安全・安心な消費生活は大きく脅かされることでしょう。その被害を最小限に食い止めなければなりません。それはわたしたちの「知恵と心がけ」にかかっています。
災害が来てから「考え行う」のではなく、来る前に「考え行う」にはどうすればよいか。この機会に過去の事例を学びながら、ご一緒に考えましょう。
 

開催日

平成29年7月13日(木曜日)

開催時間

午後2時 から 午後3時30分 まで

開場 午後1時30分

開催場所

入間市産業文化センター
A棟2階 集会室

申し込み

必要

参加を希望される方は、下記、問い合わせ先へお申込みください。(電話可能)

 

費用

無料

手話

あり

要約筆記

あり

講師

甲南女子大学名誉教授

NPO法人日本災害ボランティアネットワークNVNAD理事

奥田 和子氏

定員
先着100名
主催
入間市
後援 

埼玉県消費生活支援センター

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権推進課 市民相談室
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。