海外の製品を並行輸入品や個人輸入品として購入するときの注意点

 

ページ番号1009743  更新日 令和1年9月6日 印刷 

 「並行輸入品」とは、海外メーカーの日本支社や輸入販売契約を結んだ正規の代理店等
を通じて日本に輸入される「正規輸入品」とは異なるルートで輸入されたものです。正規
輸入品よりも価格が安いことなどから、近年インターネットサイトを通じて、広く売買さ
れています。
 また、「個人輸入品」とは、海外の製品を個人で使用することを目的として、海外から直
接購入したものです。
 そうした中、海外の製品を並行輸入品又は個人輸入品として購入した際に、取扱説明書
が日本語でなく注意表示がなかった、粗悪品ですぐに壊れた、化粧品で皮膚に障害が起き
た、リコールされているのに返品できなかったなどの情報が、消費者庁に寄せられていま
す。
 海外の製品を並行輸入又は個人輸入する際には、リスクを理解した上で、信頼できる業
者から、購入しましょう。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 人権推進課 市民相談室
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。