ディスポーザ使用の注意点について

 

ページ番号1001097  更新日 令和2年3月27日 印刷 

ディスポーザ排水処理システムについて

写真1

ディスポーザ排水処理システムとは、生ごみを破砕して水と一緒に排水し、排水処理部で処理した後、公共下水道に排除する設備のことです。使用方法によっては、下水道管、下水道処理場等に影響を及ぼす恐れがあります。当市では、入間市下水道条例施行規程第13条により、あらかじめ、管理者の指示を受けることとなっております。

 

単体ディスポーザの設置の自粛について

排水処理部が設置されていない「単体ディスポーザ」については、宅地内の排水設備の配管や、公共下水道の管渠で閉塞を起こす場合や、処理水の悪化で終末処理場等への維持管理に大きな影響を与える恐れがあります。このため、単体ディスポーザの設置は自粛し、本市で認めているディスポーザ排水処理システムを設置してください。

設置可能なディスポーザについて

設置を認めているディスポーザ排水処理システムは次のとおりです。

  1. 公益社団法人日本下水道協会の定める「下水道のためのディスポーザ排水処理システム性能基準(案)(平成25年3月)」に基づき同協会の製品認証を受けたもの。
  2. 建築基準法の一部を改正する法律(平成10年法律第100号)による改正前の建築基準法(昭和25年法律201号)第38条に基づき旧建設大臣の認定を受けたもの。
  3. 社団法人日本下水道協会の定めた「下水道のためのディスポーザ排水処理システム性能基準(案)」に基づき計画機関により適合評価を受けたもの。

ディスポーザ排水処理システムの設置等に関する手続きについて

ディスポーザ排水処理システムを設置する場合は、指定下水道工事店から排水設備等計画確認申請書と併せて維持管理計画書等の届出等が必要になります。

 

設置後の維持管理について

適切な維持管理が行われないと、設置当初の機能が損なわれ、宅地内の排水設備の配管や、公共下水道の管渠で閉塞を起こす場合や、処理水の悪化に関しては、終末処理場等への維持管理に大きな影響を与える恐れがあります。ディスポーザ排水処理システム設置後の維持管理に関しては、専門の維持管理業者へ保守等を委託し、適切な維持管理に努めてください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

上下水道部 上下水道給排水課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2966-0788
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。