入間市浸水実績図(内水ハザードマップ)

 

ページ番号1001108  更新日 令和2年9月3日 印刷 

 台風や集中豪雨などにより発生する内水による浸水は、河川堤防の決壊や河川からあふれた水による浸水よりも発生頻度が高く、市民生活・企業活動にも密接な関係を持っており、社会経済的な影響も大きいものとなります。
 市では、浸水被害を防ぐため、雨水排水施設の整備を進めておりますが、整備には膨大な費用と期間がかかります。このため、浸水被害を軽減することを目的として、入間市浸水実績図(内水ハザードマップ)を作成しました。
 なお、この内水ハザードマップは、平成16年度から令和元年度のあいだに、市民の皆様から市に連絡のあった道路・床上および床下浸水被害をもとに作成したものです。

対象とする浸水:内水氾濫

 集中豪雨等により、河川が増水して堤防からあふれたり、堤防の決壊により河川の水が外に流れ出して起こる浸水を「外水氾濫:洪水」と呼ぶのに対し、今回対象とする「内水氾濫」とは、一時的に大量の降雨が生じた場合に、河川等の公共の水域に雨水を排水出来ない事により発生する浸水が対象となります。

内水ハザードマップとは

 内水による浸水被害を軽減するソフト対策として「内水ハザードマップ」を活用して浸水被害の最小化を図ることが有効と考え、内水による被害範囲に関する浸水情報および避難場所に係る情報を、地図上に表示したものです。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

上下水道部 上下水道整備課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2003-1512
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。