水道事業経営のしくみ

 

ページ番号1005918  更新日 令和2年2月19日 印刷 

 水道事業の経営は、みなさまからいただいた水道料金で運営されており、税金は使われていません。

水道事業経営のしくみ

 水道事業は、税金を使わないで、みなさまからいただいた水道料金ですべてをまかなう独立採算制により経営をしています。

 水道水をつくり、その水道水をみなさまのご家庭や工場へお届けしたり、また水道管などの施設の建設や改良をしたりするためのお金は、みなさまからいただいた水道料金によってまかなわれています。

地方公営企業法による経営
 水道事業は、地方公営企業法により、常に企業の経済性を発揮するとともに、その本来の目的である公共の福祉を増進するように運営されなければならないとされています。

独立採算制による経営
 取水から各家庭や企業まで給水するための費用や建設投資にかかる費用については、受益者負担の原則に基づき、水道料金を徴収し、この収入をもってまかなう独立採算制を原則として経営を行っています。

企業会計方式
 会計制度については、企業性を発揮するため、経営成績や財政状況を明確に把握できる企業会計方式をとっています。

このページに関するお問い合わせ

上下水道部 上下水道経営課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-2215
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。