リチウムイオン電池の分別排出にご協力を

 

ページ番号1010047  更新日 令和1年12月12日 印刷 

リチウムイオン電池の分別排出にご協力を

リチウムイオン電池等の発火物が原因の発煙・発火トラブルが増えています

リチウムイオン電池発火トラブル
リチウムイオン電池が押しつぶされ、ショート・発火するイメージ

 リチウムイオン電池を含む電子機器がプラスチックなど燃えやすいごみの中に混入し、出火の原因となっている事故が全国で多数報告されています。

 リチウムイオン電池は、スマートフォン、携帯電話、デジタルカメラ、モバイルバッテリー、コードレスタイプの掃除機など多くの小型家庭用電気機器に使われていますが、破損・変形により発熱・発火する危険性が高いため、分別排出へのご協力をお願いします。

 取り外せるリチウムイオン電池などは電子機器から外してから、販売店や協力店での回収に出すか、市のごみ収集に出す場合は有害ごみとして他のごみとは別の袋に入れて排出してください。

バッテリーリサイクルマーク
協力店については、(一社)JBRCホームページ URL を参照してください
発火原因となったデジタルカメラ
発火原因となったデジタルカメラ(リチウムイオン電池内蔵)
発火原因となった掃除機
発火原因となった掃除機(リチウムイオン電池内蔵)
焼けてしまったリサイクル工場の建屋・設備
リサイクル工場の建屋・設備が焼けてしまった事例

イラスト等の出典元:「日本容器包装リサイクル協会」

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 総合クリーンセンター
〒358-0031 埼玉県入間市新久127-1
電話番号:04-2934-5546
ファクス:04-2934-5413
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。