埼玉県秋のプラごみゼロウィーク

 

ページ番号1011894  更新日 令和2年9月12日 印刷 

埼玉県秋のプラごみゼロウィーク

 今年7月にレジ袋が有料化されるなど、プラスチックごみへの社会的な関心が高まっています。
 また、新型コロナウイルス感染防止のため在宅時間が増加し、食品容器包装などプラスチックの家庭ごみが増加傾向にあります。
 そこで、埼玉県ではプラスチックごみの削減を促進するため、3R推進月間の10月を中心にプラスチックごみの削減を呼びかけています。

期間

令和2年9月12日(土曜日)から10月31日(土曜日)

内容

1.彩の国「新しい生活様式」における地域清掃活動をしましょう。
2.プラスチックごみを出さないライフスタイルを実践しましょう。
 (マイバッグやマイボトルの利用、不要な使い捨てプラスチック製品はもらわないなど)
3.東京オリンピック・パラリンピックに向けてまちの環境美化を意識しましょう。

彩の国「新しい生活様式」における地域清掃活動
 ・家庭や職場周辺など身近なところでの実施
 ・実施期間を長くすることで密を避ける
 ・身の回りを美しく保つ文化に基づくおもてなしの実現

 

プラスチックごみを減らすには

後でごみになるものは買わない!もらわない! (Reduce:発生抑制)
 ・買い物にはマイバッグを持参してレジ袋をもらわないようにしましょう。
 ・お出かけの際にはマイボトルを持参しましょう。
 ・使い捨てのストローやスプーンなどはもらわないようにしましょう。

使えるものは繰り返し使いましょう!(Reuse:再使用)
 ・修理や部品の取り替えができる商品を選んで繰り返し使いましょう。
 ・詰め替えができる商品を利用しましょう。

ごみを出す時は分別しましょう!(Recycle:再資源化)
 ・ペットボトル、プラスチック容器包装など資源になるものは分別して捨てましょう。

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 総合クリーンセンター
〒358-0031 埼玉県入間市新久127-1
電話番号:04-2934-5546
ファクス:04-2934-5413
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。