死亡した野鳥をみつけたら

 

ページ番号1001339  更新日 平成29年3月31日 印刷 

死亡した野鳥を見つけたら、次のような対処をお願いします。
・同じ場所でたくさんの鳥が死亡していたら、市役所農業振興課または県西部環境管理事務所に連絡してください
・死亡した野鳥は素手で触らないでください
野鳥は、餌が採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられずに死んでしまったりすることもあります。
野鳥が死んでいても、直ちに鳥インフルエンザを疑う必要はありません。
なお、鳥インフルエンザウイルスは、通常の接し方では人には感染しないと考えられていますので、日常生活の中では過度に心配する必要はありません。ただし、野鳥は細菌や寄生虫などインフルエンザ以外の病原体を持っていることもあります。死骸に素手で触ることのないよう、十分ご注意ください。

 

鳥インフルエンザに関する詳しい情報は、下記のホームページをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 農業振興課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。