エレベーターの安全・安心のために

 

ページ番号1001241  更新日 平成29年7月11日 印刷 

エレベータの安全な利用を

エレベーターは私たちの暮らしの中で大変便利なものですが、利用方法を一歩間違えると大きな事故につながります。

エレベーターを快適で安全にご利用いただくため、注意すべきことについて今一度ご確認ください。

よくある事故事例

・ 扉の開閉時に手を触れて、手をはさまれたり、引き込まれる。

・ 閉じかけたエレベーターにかけ込み、扉や乗客と衝突する。

・ ペットのリードやなわとびが扉にはさまれ、引き込まれる。

◎エレベーターを安全、快適にご利用いただくために『一般社団法人日本エレベーター協会』ホームページもご参照ください。

「昇降機の適切な維持管理に関する指針」等が策定されました

 エレベーターの安全・安心のためには、建築物の所有者及びその所有者から管理を委託された者(以下「所有者等」という。)、保守点検業者並びに製造業者が、それぞれの役割を認識したうえで適切な維持管理を行うことも欠かせません。

 そこで、国では「昇降機の適切な維持管理に関する指針」及び「エレベーター保守・点検業務標準契約書」を策定しました。

 この指針では特に、保守点検業者の選定の際に、価格のみによって選定するのではなく、昇降機に関する知識及び実務経験に裏打ちされた技術力を有するものを選定することが重要である旨を記載しています。また、標準契約書では、エレベーターに関する専門的な知識を持たない所有者等が、保守点検業者と業務契約をする際の標準的な契約書及び仕様書として策定しています。ぜひご活用ください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備部 開発建築課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。