被保険者証について

 

ページ番号1000798  更新日 平成30年10月22日 印刷 

  • 75歳の誕生日当日から、後期高齢者医療制度の被保険者となり、後期高齢者医療制度の被保険者証が交付されます。 新しい被保険者証は、75歳の誕生日の2週間前までに、簡易書留で送られます。
  • 障害認定により65歳以上75歳未満の人が後期高齢者医療制度に加入する場合は、加入するのと同時に被保険者証が交付されます。
  • 被保険者証の有効期間は、8月1日(8月1日以降に75歳になる方は、75歳の誕生日)から翌年7月31日までの1年間となります。毎年、7月中旬に更新を行い簡易書留で送ります。
  • 被保険者証は、「転送不要」になっています。
  • 入院や施設入所等により、郵便局に転居届を出されている方や住所地に受取人がいない場合は、国保医療課にご相談ください。
  • 被保険者証を紛失、破損したときは再交付します。運転免許証・パスポート・顔写真付きマイナンバーカード・住民基本台帳カード・年金証書などの公的機関が発行する本人確認のできる書類をご持参ください。また、代理人(被保険者本人、被保険者と同じ世帯でない方)が届出するときは、被保険者の本人確認のできる書類及び委任状と代理人の本人確認できる書類が必要となります。代理人が被保険者と同じ世帯の方の場合は委任状は必要ありません。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 国保医療課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。