限度額適用・標準負担額減額認定証について

 

ページ番号1006005  更新日 令和1年5月16日 印刷 

限度額適用認定証について

入院、外来診療等の際、「国民健康保険限度額適用認定証」を医療機関の窓口に提示することにより、1か月毎の医療費が高額になった場合でも、支払う金額が世帯毎の自己負担限度額までになります。また、住民税非課税世帯の方は、「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」の交付を受けることによって、自己負担限度額と食事代が減額になります。保険薬局、指定訪問看護事業者についても同様の取扱いを受けることができます。

認定証は、申請した月の初日から有効となりますので、お早めの手続きをお願いします。

対象の方

  • 70歳未満の方
  • 70歳以上75歳未満の方のうち、限度額の区分が「現役並み3」「一般」以外の方

申請に必要なもの

  1. 被保険者証
  2. マイナンバーが確認できるもの
  3. 申請者本人が確認できるもの(運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等、顔写真の付いた公的機関発行のもの)
  4. 印鑑(朱肉を使用するもの)

申請においての注意点

  1. 国民健康保険税の滞納がある方は、認定証の交付が受けられない場合があります。
  2. 認定証の区分は前年所得によって決定します。認定証が必要な方が70歳未満の場合、同一世帯の世帯主および国民健康保険加入者に、所得の申告をしていない人がいると、限度額の区分は「ア」(下表参照)となります。

限度額適用認定証の更新について

「国民健康保険限度額適用認定証」および「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」の有効期限は、毎年7月31日までとなっています。必要な方は毎年8月になりましたら更新の手続きをお願いします。

自己負担限度額について

  • 暦月ごとに計算します(月の1日から末日までの1か月)
  • 医療機関に支払った額のうち入院したときの差額ベット代、歯科での自由診療や材料差額診療などの保険診療外のもの、入院時の食事にかかる負担額などは、対象になりません。
  • 自己負担限度額の区分については、以下のページを参照してください。
     

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 国保医療課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。