国民健康保険の特定保健指導について

 

ページ番号1006015  更新日 平成29年3月3日 印刷 

特定保健指導とは

特定保健指導は、特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善で予防が期待できる方に対して、一人ひとりの身体状況や生活状況に合わせた生活習慣を見直すサポートを行ないます。特定保健指導にはリスクの程度に応じて「動機づけ支援」と「積極的支援」があります。

※継続的に治療を受けている方は、原則として特定保健指導の対象とはなりません。

危険度 低 危険度 中 危険度 高 要治療

引き続き、健康的な生活を続けてください。

 

特定保健指導の対象

<動機付け支援>

脂肪とりコース
(6か月間に4回)

特定保健指導の対象

<積極的支援>

メタボさるコース
(6か月間に5回)

病院での治療が必要です。

特定保健指導の対象になった方は、生活習慣病予防のための保健指導の積極的な利用をお願いします。

実施時期

毎年9月~翌年4月

特定健康診査を受けてから2~3か月後に、対象になる方へ利用券を送付します。

費用

無料です。

実施場所

入間市健康福祉センター

内容

生活習慣病にならないようにするのが、保健指導の目的です。

保健師や管理栄養士等が一人ひとりの身体状況に合わせた生活習慣を見直すためのサポートをします!

  1. 健診結果を理解して体の変化に気づきましょう
  2. 自分の生活習慣を振り返り、生活習慣を改善するための行動目標を設定しましょう
  3. 目標達成できるよう支援します
  4. 自分の健康に関するセルフケア(自己管理)ができるようになりましょう

動機付け支援

リスクがある方への支援です。

積極的支援

リスクが重なっている方への支援です。

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 地域保健課
〒358-0013 埼玉県入間市上藤沢730-1
電話番号:04-2966-5513 ファクス:04-2966-5514
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。