学生納付特例制度の受け付けは毎年4月から

 

ページ番号1000561  更新日 令和1年5月29日 印刷 

国民年金保険料の学生納付特例制度の申請は、毎年4月から、その年度(4月~翌年3月)分を受け付けます。3月以前には受け付けできませんのでご注意ください。
注:前年度に学生納付特例の承認を受けている方には、在学予定期間に変更がない場合、日本年金機構から申請はがきが郵送されますので、そのはがきを返信して申請することができます。

 

申請に必要な物

・マイナンバーのわかるもの
・身分証明書
・年金手帳
・学生証(写し可。ただし裏面に有効期限、学年、入学年月日の記載がある場合は裏面も含む)または在学期間がわかる在学証明書(原本)

申請先

市役所市民課または各支所

平成20年4月から在学する大学等の窓口でも申請手続きが可能になりました。
(大学等の窓口で申請手続きを行うためには、在学する大学等が学生納付特例事務法人の指定を受けている必要があります。)
注:学生納付特例以外の全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除、納付猶予(免除・猶予期間は7月~翌年6月)の申請は、毎年7月から受け付けが始まります。ただし、全額免除、納付猶予を継続承認された方は申請は不要です。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 市民課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。