ふるさと納税に関する改正

 

ページ番号1000466  更新日 平成29年3月3日 印刷 

ふるさと納税ワンストップ特例制度

平成27年4月1日以降に寄附をした「ふるさと納税」について、所得税の確定申告を行わなくても、所得税・個人住民税の寄附金控除を受けられる仕組みが創設されました。

所得税の最高税率引上げに伴う「ふるさと寄附金」に係る特例控除額の算定方法の改正

平成27年1月1日以後に寄附をした、ふるさと納税に係る特例控除額の算定に用いる所得税の限界税率を課税所得金額4000万円超の場合は45パーセントとなります。

改正前
(寄附金額-2,000円)×【90パーセント -(0~40パーセント(所得税の限界税率)×1.021)】
改正後
(寄附金額-2,000円)×【90パーセント -(0~45パーセント(所得税の限界税率)×1.021)】

ふるさと納税にかかる特例控除限度額の引上げ

平成27年1月1日以降に寄附をした「ふるさと納税」に係る寄附金税額控除について、基本控除に加算される特例控除額の上限を個人住民税の所得割額(調整控除後の所得割額)の10パーセントから20パーセントに拡充することとされました。

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民税課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。