ふるさと寄附金税額控除の見直し

 

ページ番号1000473  更新日 平成29年3月3日 印刷 

平成25年から平成49年まで復興特別所得税(2.1%)が課税されることに伴い、所得税で寄附金控除の適用を受けた場合、復興特別所得税額も軽減されます。あわせて、地方公共団体に寄附(ふるさと寄附金)を行った場合、復興特別所得税分へも反映するため、ふるさと寄附金に係る住民税の特例控除額が調整されます。

【改正前】

(a)基本控除額=(寄附金額-2,000円)×10%(寄附金額の限度は総所得金額の30%)

(b)特例控除額=(寄附金額-2,000円)×(90%-(0~40%の所得税の税率)
      ※特例控除額は所得割の10%が上限

(a)+(b)=市県民税税額控除額

改正後

(a)基本控除額=(寄附金額-2,000円)×10%(寄附金額の限度は総所得金額の30%)

(b) 特例控除額=(寄附金額-2,000円)×(90-(0~40%の所得税の税率×1.021
     ※特例控除額は所得割の10%が上限

(a)+(b)=市県民税税額控除額

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民税課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。