パート収入と税

 

ページ番号1000457  更新日 平成30年12月28日 印刷 

Q1 妻のパートの給与収入に税金が掛からないのはいくらまで?

所得税は、年間の収入が103万円以下、また市県民税は、年間の収入が96万5000円以下は、課税されません(A表参照)。

A表 妻のパート収入と課税関係

前年中の給与の収入金額夫の配偶者控除の対象
となるかどうか
妻自身に税金が課税されるかどうか
所得税・市県民税所得税市県民税
96万5,000円以下
対象となる
課税されない
課税されない
96万5,000円超 103万円以下
対象となる
課税されない
課税される
103万円超
対象とならない
課税される
課税される

Q2 夫の扶養(税法上)になれるのは?

平成29年度税制改正により、配偶者控除および配偶者特別控除が変更となりました。
この改正は、平成30年1月以降所得に適用され、平成31年度の市県民税から適用されます。
妻の年間給与収入が103万円以下なら、夫の扶養(夫が配偶者控除を受けること)になれます(A・B表参照)。
※ただし、納税義務者の給与収入が1,120万円(合計所得金額900万円)を超えたときから控除額が段階的に減少し、給与収入1,220万円(所得1,000万円)を超えると、控除対象外となります。

B表 夫の配偶者控除と配偶者特別控除の関係

 

 

配偶者の給与収入

左記に対応する配偶者の所得金額

納税義務者の給与収入
(給与収入のみの所得金額)

1,120万円以下
(900万円以下)

1,120万円超1,170万円以下
(900万円超950万円以下)

1,170万円超1,220万円以下
(950万円超1,000万円以下)

1,220万円超
(1,000万円超)

配偶者控除 103万円以下

38万円以下

70歳未満 33万円 22万円 11万円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
70歳以上 38万円 26万円 13万円
配偶者特別控除 103万円超
155万円以下
38万円超
90万円以下
33万円

 

22万円
11万円
155万円超
160万円以下
90万円超
95万円以下
31万円
21万円
11万円

 

160万円超
166万8千円未満
95万円超
100万円以下
26万円
18万円 9万円
166万8千円以上
175万2千円未満
100万円超
105万円以下
21万円
14万円 7万円
175万2千円以上
183万2千円未満
105万円超
110万円以下
16万円 11万円 6万円
183万2千円以上
190万4千円未満
110万円超
115万円以下
11万円
8万円 4万円
190万4千円以上
197万2千円未満
115万円超
120万円以下
6万円 4万円 2万円
197万2千円以上
201万6千円未満
120万超
123万円以下

3万円

 

2万円

1万円

201万6千円以上 123万超

対象外

Q3 扶養になると夫の税金はどうなるの?

夫の所得から配偶者控除として所得税では38万円が、市県民税では33万円が控除されます(A・B表参照)。

Q4 夫が配偶者特別控除を受けられるのは、妻の年間給与収入がいくらのとき?

配偶者特別控除の見直しにより、配偶者特別控除の対象者について
年間103万円を超えて201万6千円未満の場合に段階的に受けられます(B表参照)。

このページに関するお問い合わせ

総務部 市民税課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。