人・農地プランについて

 

ページ番号1004225  更新日 令和3年7月15日 印刷 

金子地区「実質化された人・農地プラン」を更新しました。

人・農地プランとは・・・

『人・農地プラン』とは、農業における高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などの「人と農地の問題」を解決するための「未来設計図」です。農家の方々の話し合いによって、今後の中心となる経営体(個人・法人等)はどこか、また、その中心となる農業者へどのように農地を集めていくかなど、将来の地域農業のあり方などを定めるものです。

入間市では、平成26年2月27日付けで入間市全域を一つとする「人・農地プラン」を策定し、平成28年3月15日付、平成31年3月7日付で更新しました。

 

人・農地プランの実質化とは・・・

人農地プランの実質化とは、「人・農地プランの具体的な進め方について」(令和元年6月26日付け元経営第494号農林水産省経営局長通知)に基づき、実質化の要件である、1.アンケートの実施、2.地図を活用した現況把握、3.地域の話し合いの実施、4.地域の農地集約化に関する将来方針の作成の取り組みを行い作成された人・農地プランが「実質化された人・農地プラン」となります。

実質化された人農地プランについて

実質化の要件を満たしたと判断できる「人・農地プラン」は以下のとおりです。

「人・農地プラン」に位置付けられると国の様々な支援が受けられます

農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)

次世代を担う農業者となることを志向する者に対し、就農直後の経営確立を支援する資金を交付します。

 スーパーL資金

認定農業者が借り入れるスーパーL資金(株式会社日本政策金融公庫が融資)について、貸付当初5年間の金利負担を軽減(貸付当初5年間実質無利子化)

詳細については、次の農林水産省ホームページをご覧下さい。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

環境経済部 農業振興課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。