市民の皆様へ・感染対策・相談窓口

 

ページ番号1010194  更新日 令和2年11月14日 印刷 

市民の皆様へ

新型コロナウイルス感染症対策について、厚生労働省が随時公表をしています。感染の拡大を防止するためには、市民の皆様の正しい理解と行動が不可欠です。「うつらない」「うつさない」ことが、最も効果的な感染拡大防止策となります。
 

日常生活で気をつけること

  • 流水と石鹸による手洗いをまめに行いましょう。特に外出した後、口や鼻、目などに触る前には手洗いを徹底しましょう。
  • 咳やくしゃみをする場合には、口と鼻を手ではなく、ティッシュで押さえましょう。ティッシュがない場合は腕(肘の内側)で押さえましょう。その後、ティッシュは捨て、流水と石鹸で手を洗いましょう。最後に、消毒用アルコールを使用すると、より効果的です。
  • 咳やくしゃみが出ている場合には、必ずマスクを使用しましょう。
  • マスクは、鼻と口を確実に覆い、隙間ができたり、あごが大きく出ないようにつけましょう。
  • 人は無意識に目・鼻・口を触っています。新型コロナウイルスの感染経路として「接触感染」に注意しましょう。


 

感染拡大を防ぐために

  • 新型コロナウイルス感染症は、主に飛沫感染や接触感染によって感染するため、3密(密閉・密集・密接)
    の環境で感染リスクが高まります。
  • このほか、飲酒を伴う懇親会等、大人数や長時間におよぶ飲食、マスクなしでの会話、狭い空間での共同生
    活、居場所の切り替わりといった場面でも感染が起きやすく、注意が必要です。
  • 飛沫感染や接触感染を防ぐためには、手洗いやマスクに加えて、人との距離や会話への対策をこれまで以上に取り入れた生活様式を行っていく必要があります。
  • 無症状や軽症の人であっても、他の人に感染を広げる例があります。新型コロナウイルス感染症対策には、自らを感染から守るだけでなく、自らが周囲に感染 を拡大させないことが不可欠です。
  • あなたと身近な人の命を守れるよう、日常生活を見直してみましょう。

コロナに負けない体をつくろう!

生活習慣病を予防しましょう

外出の自粛によって、運動量や運動する機会が少なくなっている方も多いと思います。運動量が少なくなって食事や間食が多くなると体重が増加し、高血圧や糖尿病などの生活習慣病になるリスクが高まります。この機会に生活習慣を見直して、生活習慣病を予防しましょう。

  • 1日3食、主食(ご飯や麺、パン)・主菜(肉や魚、卵、大豆製品)・副菜(野菜、海藻、きのこ類)をそろえて食べましょう。
  • 間食は1日200kcal以下にしましょう。
  • 日常生活の中でできる運動(TVを見ながら筋トレやストレッチ、近くをウォーキングなど)を今よりも10分多く行いましょう。
  • リラックスできるものや趣味など、気分転換できるものを見つけましょう。
  • 朝は決まった時間に起きて朝の光を浴び、日中は適度に活動し、夜は眠くなってから床に入りましょう。
  • 喫煙している方は、禁煙外来を利用して、禁煙にチャレンジしましょう。
  • 飲酒は適量に、週2日以上の休肝日を設けましょう。

※高血圧や高血糖、脂質異常など、検診の値が気になる方は、地域保健課までご相談ください。

免疫力を高めるためには

感染症にかからないようにするためには、体の免疫力を高めておく必要があります。免疫力を高めるためには、日頃からバランスの良い食生活、適度な運動や休息、質の良い睡眠を心がける必要があります。

  • 主食・主菜・副菜をそろえ、特に副菜(野菜、海藻、きのこ類)を多くとるように心がけましょう。
  • 有酸素運動(少し息が弾むくらいの運動)や筋トレやストレッチを行い、基礎代謝を高めましょう。
  • リラックスするために深呼吸やマッサージ、ぬるめのお湯にゆっくり浸かって体を温めましょう。
  • 好きな趣味や、家族や友人との会話を楽しみ、笑ったり穏やかな気持ちになる時間を持ちましょう。
  • 睡眠時間にこだわらず、朝は決まった時間に起きて、夜は眠くなったら床に入りましょう。
  • 喫煙している方は禁煙を、アルコールは適量に、嗜好品は取り過ぎないよう楽しみましょう。

熱中症とマスクについて

新型コロナウイルスの感染予防のためには、(1)身体的距離の確保、(2)マスクの着用、(3)手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の対策を取り入れた生活様式を実践することが求められています。一方で、例年以上に熱中症にも気をつけなければなりません。十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防にもこれまで以上に心掛けるようにしましょう。

  • 夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。
  • マスクを着用している場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心掛けるようにしましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、適宜、マスクをはずして休憩することも必要です。
  •  新型コロナウイルス感染症を予防するためには、冷房時でも換気扇や窓開放によって換気を確保する必要があります。この場合、室内温度が高くなるので、熱中症予防のためにエアコンの温度設定をこまめに調整しましょう。
  • 日頃の体温測定、健康チェックは、新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防する上でも有効です。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養するようにしましょう。
  • 3密(密集、密接、密閉)を避けつつも、熱中症になりやすい高齢者、子ども、障害者への目配り、声掛けをするようにしましょう。

鼻呼吸と口呼吸について~鼻呼吸の習慣をつけましょう~

本来、人は鼻で呼吸すると、鼻毛や粘膜がフィルダーの役目をして、ほこりや細菌、ウイルスなどの異物を除去しています。口呼吸になると、鼻呼吸ほど異物を取り除けないほか、口唇や口腔内、気道が乾燥して呼吸器感染症にかかりやすくなります。また口呼吸では、むし歯や歯周病になりやすくなるといったことも指摘されています。この機会に、鼻呼吸を意識して行うようにしてみましょう。

  • よい姿勢を意識しましょう(腰が丸くなると、口が開きやすくなります)
  • 口の周りの筋肉を鍛えましょう(左・右・上・下・真ん中を使って5ヶ所うがいが効果的)
  • 意識して口を閉じ、鼻で呼吸することを心がけましょう
  • 慢性的な鼻づまり(鼻炎や花粉症など)があれば、耳鼻科を受診しましょう
  • 食事のときは口を閉じてよく噛んで食べましょう。

こころの健康を保つために

高齢者の皆様へ

新型コロナウイルス感染症は、罹患しても約8割の方は軽症で経過し、治癒する例も多いことが報告されています。一方、重症度は、季節性インフルエンザと比べて死亡リスクが高いことが報告されています。特に、高齢者や基礎疾患のある方では重症化するリスクが高いことも報告されています。うつらない、うつさないために、手洗い、咳エチケット、不要不急の外出を避けて生活をするよう、お願いします。

また、外出自粛の生活が続く中、運動不足により、心身の機能が低下してしまうことが考えられます。日々の生活の中でこまめに体を動かしましょう。

・人混みを避けて、一人や限られた人数で散歩する。
・家の中や庭などでできる運動(ラジオ体操、自治体のオリジナル体操、スクワットなど)を行う。
・家事(庭いじりや片付け、立位を保持した調理など)や農作業などで身体を動かす。
・座っている時間を減らし、足踏みをするなど身体を動かす

妊娠期~子育て世代の皆様へ

新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口

埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

県では、曜日や時間帯によって異なる電話相談窓口を一本化し、下記のとおり「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」を3月1日から新たに開設しています。
一般的な相談のほか、感染が疑われる場合には専門外来につなぐ帰国者・接触者相談センターをご紹介するなど新型コロナウイルス感染症に関するご相談に一元的に対応します。
【埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター】

  • 電話番号  0570-783-770(24時間受付)

※聴覚に障害がある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方は、ファクスをご利用ください。

 下記のリンクから、参考様式(ファクス相談票)をご利用ください。

(ファクスによるご相談の場合は、回答までにお時間をいただく場合があります)

  • 保健医療部保健医療政策課 ファクス 048-830-4808
  • 狭山保健所 ファクス 04-2954-7535

 

注意が必要な症状

帰国者・接触者相談センターにご相談いただく目安

少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐにご相談ください。

(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

※高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

  • 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

 (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

【妊婦の方へ】
妊婦の方については、念のため重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

【お子様をお持ちの方へ】
小児については、小児科医による診察が望ましく、帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。

【その他】
この目安は、県民のみなさまが相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

帰国者・接触者相談センター(狭山保健所)

電話04-2954-6212

埼玉県LINE公式アカウント「埼玉県‐新型コロナ対策パーソナルサポート」

埼玉県では、一人一人に合わせた新型コロナ対策をLINEでサポートします。埼玉県のLINE公式アカウントと友達になり、あなたの状態を入力していただくことで、あなたの状態に合わせた新型コロナウイルスに関する情報をお知らせします。

入間市の対応

入間市では「新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を開催し、同感染症に関する対応について協議しています。
今後も国からの情報を収集し、ホームページにて配信します。
 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 地域保健課
〒358-0013 埼玉県入間市上藤沢730-1
電話番号:04-2966-5513 ファクス:04-2966-5514
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。