若者向けワクチン情報ページ(8月26日更新)

 

ページ番号1015191  更新日 令和4年8月27日 印刷 

タイトル「もう打った?」

若者向けワクチン情報ページ

若年層(10代~30代)のワクチン接種について、3回目接種は3割から5割にとどまっています。

みなさんがワクチンの接種について聞くことの多くは、「副反応がつらい」「若者は感染しても軽症で済むから意味がない」などといった、デメリットに関するネットの記事や噂話ばかり。

「接種は強制ではなく自己判断」ですが、ネットの記事や噂話だけで判断しないでほしい。そんな想いを込めて、このページを作りました。ワクチン接種のことをもう少しだけ考えるきっかけにしていただけたら幸いです。

県知事・市長からのメッセージ

埼玉県知事、入間市長より、若い方のワクチン接種に向けメッセージがあります。(埼玉県作成チラシ添付)

そもそも、どうして3回も接種しなければならないの?

1・2回目接種後、ワクチンの効果は時間の経過とともに低下していきますが、3回目接種を行うことにより、コロナウイルス(オミクロン株含める)に対する感染予防効果や発症予防効果、重症化予防効果が再び向上すると報告されています。

感染予防効果で「自分を守る」「大切な誰かを守る」

感染予防効果は接種後徐々に低下していきます。感染予防効果を再び高めることで、自分だけでなく、大切な家族や友人などへの感染も防ぐことができます。

感染予防効果の推移

発症予防効果で「自分を守る」「医療機関の負担を減らす」

発症予防効果は、2回目接種から2~4週間後は65~70%ですが、25週間後までには15%程度に低下してしまいます。発症予防効果等を再び高めることで、コロナ感染による症状や後遺症の軽減を図ることができ、医療機関等の負担軽減にもつながります。

発症予防効果の推移
(出典:英国健康安全保障庁(UKHSA)の報告(2022年4月21日時点)による)

ただし、3回目接種の20週後以降は発症予防効果がほぼ見られなくなるまで低下したというデータもあり、効果の持続期間については、引き続き科学的知見を収集しているところです。

でも、若者は感染しても軽症で済むと聞いたけど?

若い方が新型コロナウイルスに感染した場合、大半の方は軽症とされていますが、中等症や重症となる方や死亡例も報告されています。また、「軽症」と診断された方でも、症状には次のように幅があります。

  • 無症状
  • 短期間のせきや発熱
  • 嘔吐(おうと)、下痢による脱水
  • インフルエンザのような高熱、全身倦怠感、せきが数日続く

さらに、感染した若者の中には、嗅覚や味覚障害、疲労感、記憶障害などの長引く症状(いわゆる後遺症)に苦しんでいる方もいます。このような症状を軽減するためにもワクチン接種は有効です。

接種後の副反応は3回目の方がつらい?

3回目接種の副反応の発現割合は2回目と概ね同じで、その症状のほとんどが接種後数日以内に回復しています。ただし、2回目接種に比べリンパ節の腫れなどの割合は高く、心筋炎の報告頻度は低い傾向にあります。

副反応の発現割合
(出典:特例承認に係る報告書より)

その他ワクチン接種に関する詳しい情報はこちらでも検索できます

新型コロナワクチンQ&A(厚生労働省)

下記バナーをクリックしてください

「若者向け」ワクチン接種CM・動画

若者向けのワクチン接種に関するCM・動画を掲載しています。(首相官邸ホームページ)

3回目接種の予約はこちら

3回目接種の予約は、インターネットまたは電話でお取りください。(予約枠の公開日、3回目以外の予約などは「各予約専用ページ」をご覧ください)

インターネットでの予約

下記バナーをクリックして、予約サイトにジャンプしてください

※予約には接種券番号が必要です。番号が分かるものを手元に用意してからログインしてください。
※(重要)3回目ログイン画面のパスワードが、「前回設定いただいたパスワード」→「初期パスワード(生年月日)」に変更となっていますのでご注意ください。 (市内在住の方のみ)

電話での予約

市コールセンター
1)オペレーターに接種券番号、生年月日をお伝えください。
2)希望する接種会場、接種日時をお伝えください。

※予約枠公開後は、回線が大変混み合うことが予想されます。(特に8時30分~10時30分、12時00分~13時00分)

ご注意・ご理解いただきたいこと

接種は強制ではありません

新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、強制ではありません。
予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解していただいた上で、自らの意志で接種を受けていただきます。
また、職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをしてはいけません。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康推進部 地域保健課 新型コロナウイルスワクチン接種担当
〒358-0013 埼玉県入間市上藤沢730-1
電話番号:04-2966-5556 ファクス:04-2966-5514
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。