緊急避難場所・避難所

 

ページ番号1004088  更新日 令和2年9月8日 印刷 

入間市の緊急避難場所・避難所

災害はいつ発生するかわかりません。
緊急避難場所・避難所がどこにあるかを確認しておきましょう。

※市指定の避難場所・避難所は災害の種類や状況に応じて開設されますので、一斉に全ての施設が開設されるとは限りません。立ち退き避難する場合は、避難場所・避難所の開設状況を確認してください。

指定緊急避難場所・避難所

入間市指定避難場所マップ

こちらのリンク先から、入間市の指定避難場所を確認できます。

※災害ごとに、指定避難場所が変わりますのでご注意ください。

風水害時の避難場所・避難所

 市指定の避難場所・避難所は、災害の種類や災害の状況に応じて開設します。風水害時は、次の施設を開設する予定です。

※開設する施設や開設順については、今後見直す可能性もあります。

開設順位

開設場所等

順 位 1 避難情報の対象となる区域内の以下の施設
豊岡地区 高倉公民館、扇町屋公民館、 黒須公民館
東金子地区 東金子公民館
金子地区 金子公民館
宮寺・二本木地区 宮寺公民館、二本木公民館
藤沢地区 藤沢公民館、東藤沢公民館、 藤の台公民館
西武地区 西武中学校、野田中学校
順 位 2 上記にさらに以下の施設を追加する
豊岡地区 豊岡小学校、高倉小学校、 市民体育館
東金子地区 東金子小学校、新久小学校、 東金子中学校
金子地区 埼玉県茶業研究所
宮寺・二本木地区 狭山小学校
藤沢地区

藤沢小学校、藤沢南小学校、 藤沢北小学校、藤沢東小学校

西武地区 西武地区体育館
順 位 3 上記にさらに以下の施設を追加する
豊岡地区

扇小学校、豊岡高等学校、 豊岡中学校、向原中学校、久保稲荷公民館、

産業文化センター

※土砂災害の場合のみ 武道館

東金子地区 東金子地区体育館
金子地区
宮寺・二本木地区 宮寺小学校、武蔵中学校
藤沢地区 藤沢中学校
西武地区

※土砂災害の場合のみ 西武公民館、仏子小学校、西武小学校

 

避難場所利用上の注意

避難場所を利用する際は、次の事項を守ってください。

・避難場所退所後の帰宅途中や外出時の安全確保については、避難者の責任において行うこと
・家族や知人に居場所を知らせておくこと
・避難場所は一時的な滞在であることから、食料品・日用品等の提供は行わないため、あらかじめ各自で 1 日分    の食料・飲料水、毛布、懐中電灯、携帯ラジオ、着替え等の最低限の必要品を準備すること
・避難場所内は禁煙とし、酒類の持ち込みは禁止すること
・避難者は、入所・退所・外出時には、所定の様式に必要事項を記載し、受付に提出すること
・指定した部屋とトイレ以外の使用は禁止であること
・備え付けの物品等に手を触れないこと
・発生したゴミ等は各自で持ち帰ること
・退所時に避難者が相互協力の上、使用した部屋等を必ず清掃すること
・災害情報の収集については、各自の携帯ラジオ、携帯電話等で収集すること
・ペットは、原則、ケージ等に入れ専用スペースに置くものとし、避難者受入スペースに持ち込まないこと
・施設管理者、避難所対応員等の指示に従うこと

 

緊急避難場所と避難所の違い

緊急避難場所とは

 災害が発生、または発生するおそれがある場合、その危険から逃れるため一時的に避難し身の安全を確保する場所です。災害の種類ごとにそれぞれ、安全を確保できる場所が指定されています。

避難所とは

 災害により住宅に危険が予想される場合や住宅が損壊した場合など、生活の場が失われた場合に、一時的な生活の本拠地として滞在する場所です。


※ 「避難」とは「難」を「避」けることであり、必ずしも「市指定の避難場所へ移動すること」ではありません。 自宅での安全確保が可能な人は、避難場所へ行く必要はありません。

 自宅が危険な場合も、避難先は市指定の避難場所だけではありません。災害の恐れのない地域の親戚・知人宅などに避難することも検討してください。

 災害の種類や状況に応じて、自宅にとどまるリスク、移動するリスク、避難場所でのリスク等を考え、自分の身を守るために一番良い方法を選択してください。

 


 
 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

危機管理課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2964-7818
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。