昭和41年頃の入間市

 

ページ番号1002550  更新日 令和4年4月1日 印刷 

昭和41年11月1日市制施行
 人口 46,234人
 世帯数 11,735世帯
 初代市長 三吉道雄氏

昭和42年4月1日、西武町(現在の大字仏子・野田・新光)が編入合併して、現在の形となりました。
 人口 55,158人
 世帯数 13,556世帯

写真:市庁舎(現在の豊岡団地近辺)
市庁舎(現在の豊岡団地近辺)
写真:豊岡町駅(現在の入間市駅)の朝の様子。改札から駅前を望む
豊岡町駅(現在の入間市駅)の朝の様子。改札から駅前を望む
写真:金子小学校
金子小学校
写真:藤沢支所
藤沢支所
写真:仏子駅(昭和37年頃、西武町)
仏子駅(昭和37年頃、西武町)
写真:小学校入学前の健康診断(昭和42年2月、豊岡小学校)
小学校入学前の健康診断(昭和42年2月、豊岡小学校)
写真:市民体育祭(昭和41年11月、中央公園)
市民体育祭(昭和41年11月、中央公園)
写真:出初式(昭和40年1月、宮寺小学校)
出初式(昭和40年1月、宮寺小学校)

昭和41年の値段

昭和41年の値段

ガソリン1リットル50円
映画館入場料 大人500円
ラーメン1杯80円
郵便料金 はがき7円 封書(定形25グラムまで)15円

ご存じですか?市章

市章

 市の名前が入間市と決まった後、市制施行を記念して市章を募集しました。北は北海道、南は九州から1024点の応募があり審査の結果、兵庫県の主婦の方の作品が選ばれました。
 市章は、入間の「入」を若鷲の形にし、円は市の円満、融和と団結、中央の白い部分で市の躍進向上を表したものです。

写真:審査の様子
審査の様子

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画課 未来共創推進室
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2964-1013
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。