人権啓発ビデオの紹介

 

ページ番号1004345  更新日 令和4年9月5日 印刷 

 21世紀は「人権の世紀」といわれています。一人ひとりがかけがえのない存在として、尊重されなければなりません。国際化・多様化が進む社会にあって、お互いの価値観や生活習慣の違いを認め合うことは大切なことです。また、日々の暮らしの中で、一人ひとりが人間らしく生きるということについて、考えていくことも必要です。
 人権啓発ビデオを通して、子どもたちや人々に伝えたい想いや気持ちを、家庭や学校や地域社会で話し合ってみませんか?

令和3年度新規追加ビデオ

今そこにいる人と、しっかり出会う ~同和問題~

対象
中学生~
内容
 生まれた場所や住んでいる場所だけで偏見を持たれ、差別されるという理不尽な差別が同和問題。現代社会でお様々な差別の原因起こっている。この作品では同和問題をモチーフに人と人がしっかりと出会い、差別とどう向かい合っていくかについてのヒントになる作品であり、登場人物それぞれの立場に立って考え、視聴することが有効である。
時間
24分

知りたいあなたのこと~外見からはわからない障害・病気を抱える人~

対象
中学生~
内容
 外見からはわからない障害や病気を抱えながら日常生活を送っている人は多い。一見すると健康そうに見えるので、障害や病気が理解されずつらい思いをすることもあるという。この作品では二人の難病患者とてんかんと発達障害がある大学生を取材し、どのような配慮が求められているのか。外見からはわからない障害や病気を抱える人の話を通じて、自分たちにできる配慮をともに考えていく作品である。
時間
21分

シェアしてみたらわかったこと

対象
中学生~
内容
 上京して期待を胸に入居したシェアハウス。そこに暮らしていたのは、個性豊かな住人達、この住人達との交流は戸惑いの連続だけど時間空間、思いをシェアして初めて気づくこともある。○外国人に関する人権、○性自認や性的指向に関する人権、○外から見えにくい障害のある人の人権、○災害時の人権の4つの分野から視聴できる。
時間
46分

ビデオの貸出はこちらから申し込めます!

※ご不明な点等ございましたら、社会教育課までお問い合わせください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

教育部 社会教育課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2964-4841
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。