旧東町側留保地に整備される施設概要(市民利用が可能な施設)

 

ページ番号1009759  更新日 令和1年9月24日 印刷 

旧東町側留保地に整備される施設概要(市民利用が可能な施設)

旧東町側留保地は、現在、防衛省による「災害対処拠点および自衛隊病院」の整備が進められています。
整備される施設は、入間基地に支障がない範囲で市民利用が可能となっており、概要についてお知らせいたします。

陸上競技場およびサッカー場兼ソフトボール場

陸上競技場およびサッカー場兼ソフトボール場は、入間基地が使用していない時間帯かつ土・日、休日および平日夜間を基本として、市民利用が可能となります。具体的な利用に関しての手続きは、入間基地と協議していますので、決まり次第、お知らせいたします。

【陸上競技場の施設概要】
・1周400mトラック、9レーン
・全天候型舗装
・インフィールドは、サッカー場として利用可能(天然芝舗装)
・走り幅跳び施設
・夜間照明施設

【サッカー場兼ソフトボール場】
・両競技とも2面確保
・クレイ舗装

自衛隊入間病院(仮称)

自衛隊入間病院(仮称)は、自衛隊法上、自衛隊員およびその関係者のみを対象とする職域病院であり、原則として隊員とその家族以外は利用できない病院となっています。しかしながら、防衛省は本市の要望を受けて、地域消防機関等により救急搬送されてくる2次救急患者としての市民利用については、隊員等の診療に支障を来さない範囲で受け入れるものとしています。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2964-1013
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。