市有施設の木造化・木質化等に関する指針

 

ページ番号1007634  更新日 平成30年1月19日 印刷 

 この指針は、公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律第9条第1項の規定に基づき、埼玉県が定めた県有施設の木造化・木質化等に関する指針に即して、法第9条第2項に掲げる必要な事項を定め、市有施設等における県産木材を利用した木造化・木質化等を推進することにより、市民にやすらぎとぬくもりのある健康的で快適な公共空間を提供するとともに、循環型社会の構築や地球温暖化の防止、林業・木材産業の振興、森林整備の促進などに資することを目的としています。
 今後、公共施設マネジメントによる施設整備の中で、木造化・木質化に計画的に取り組んでいきます。
 

事例紹介

事例(1) 西武学童保育室

 床および壁面(床から90センチメートル)に木材を使用しています。

西武学童内装

西武学童内装


西武学童内装

西武学童内装

事例(2) 武蔵中学校

 床および壁面に木材を使用しています。

事例(2)武蔵中学校

武蔵中学校 廊下


武蔵中学校 教室内

武蔵中学校 教室ドア

関連情報

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 公共施設マネジメント推進課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。