はじめに

 

ページ番号1009165  更新日 令和1年5月9日 印刷 

はじめに

 突然ですが、「公共施設マネジメント」って知っていますか?
 聞いたことのある人もいるかもしれませんが、あまり耳慣れない言葉ですよね。公共施設といえば「小中学校」や「図書館」、「市役所」などが、ぱっと思いつくのでしょうか。そう、簡単にいえば、入間市のお金で建てた施設のことですね。
―「公共施設の『マネジメント』ってなんだろう?」―
―「もしかして図書館が新しくなったりするの?」―
―「おじいちゃんやおばあちゃんがクラブ活動をしているあの公民館にエレベータをつけるの??」-
 なんて疑問を持った人や、「なにこれ、全然しらなーい!」なんて人に向けて入間市の公共施設マネジメントの取組について解説していきます。
 実は、いま、入間市内には年数が経って古くなった公共施設がたくさんあるのです。当然、そのまま放っておくというわけにはいきません。古くなり頻繁に修理が必要になったり、ユニバーサルデザインや、バリアフリーに対応していない不便な施設をみんなが使いやすい施設にするためにも建替えや長寿命化工事が必要になっています。それらの公共施設の問題に対応していく取組が、『公共施設マネジメント』なのです。ただ、古くなった施設を建替えるだけでなく、これからのまちづくりのことも考えて公共施設の見直しをしようとするこの取組。知らなかった人はぜひこの機会に覚えておきましょう!
 入間市にある公共施設を思い浮かべながら、入間市でなにが起こっているのか、入間市マスコットキャラクターいるティーと一緒に考えていきましょう。

入間市マスコットキャラクター
入間市マスコットキャラクター いるティー

このページに関するお問い合わせ

総務部 公共施設マネジメント推進課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。