9 入間市の抱える課題

 

ページ番号1009176  更新日 令和1年5月9日 印刷 

公共施設マネジメントってなに?

9 入間市の抱える課題

(1)お金の課題

財政グラフ

 

 今後も公共施設を整備していくにはお金が必要です。そのお金は主に税金でしたよね。左のグラフを見てみると2003年と2012年では扶助費だけが倍近く増えています。扶助費は年々増えており、今後も増えていくことが予想されることから出ていくお金を減らす必要があります。


いるティー

 

 投資的経費とは施設や道路など将来に残るものにかける費用のことだよ。増えていく扶助費。施設にかけるお金が足りていない現実。賢く工夫して施設にかけるお金を減らしていくことが必要だね。

(2)人口の課題

人口推移

 

 右のグラフを見てみると、2010年度をピークに徐々に人口減少が始まっています。これまで見てきた通り、年少人口(14歳未満)と生産年齢人口(15歳以上65歳未満)が減り、高齢人口(65歳以上)が増えています。

(3)老朽化の課題

 すべての公共施設の寿命は日に日に近づいています。公共施設の半分以上をしめている学校もほとんどが老朽化しています。また、耐震化工事が実施されている施設であっても、老朽化を止めたわけではありません。寿命を迎えようとしている施設をできる限り工夫して、長く使えるように考えています。

このページに関するお問い合わせ

総務部 公共施設マネジメント推進課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。