3 事業費を3割減らす方法

 

ページ番号1009180  更新日 令和1年5月9日 印刷 

入間市の抱える課題を解決するために

3 事業費を3割減らす方法

(1)施設が減ることで人件費、光熱水費を減らす

働く

 

 施設があれば、そこで働く人を雇わなければなりません。施設が減ることで人件費や光熱水費がかからなくなります。

(2)機器を高効率または高性能の優れた省エネのものにする

高効率

 

 建てた当初よりも年々省エネ製品は増え性能もよくなっています。省エネ製品を取り入れることで維持管理にかかるお金を減らしていきます。

(3)余剰となった施設や土地を貸したり売ったりする

余剰土地

 

 サービスを見直すことで使用しなくなった施設を貸したり、売ったりすることで工事費用を確保します。

(4)広域連携などで維持管理費および建設費を減らす

広域連携

 

 入間市内に1つしかない施設、または広い範囲で利用されている施設については、近隣市と共同設置・共同運営することで、維持管理費や建設費を抑えます。

(5)官民連携による効率化

 これからの公共施設の整備や運営に関しては、行政だけでなく、企業、地域団体・個人といった民間の人達がそれぞれの立場で担い、多様なサービスを提供していくことが求められています。民間活力を導入し施設の運営や維持管理費を抑えたり、サービスの向上に努めていきます。

いるティー

 

 目標は30年後までに施設面積を3割減らすこと。今見てきたのは事業費を減らす方法だね。次に施設面積を減らす方法についてくわしく見てみよう!

このページに関するお問い合わせ

総務部 公共施設マネジメント推進課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。