SDGs未来都市計画

 

ページ番号1015203  更新日 令和4年8月25日 印刷 

入間市SDGs未来都市計画を策定しました

SDGs未来都市に選定されたことを受け、提案したSDGsの取り組みを進めていくため、2022年から2024年の3年間を計画期間とする「入間市SDGs未来都市計画」を策定しました。

SDGsの目標年度である2030年にあるべき入間市の姿を「健康と幸せを実感できる Well-being City いるま」として、経済・社会・環境の三側面から、地域資源を生かした持続可能なまちづくりに取り組みます。入間市に関わる全ての人が健康と幸せを実感できるまち=「Well-being City」の実現に向けて、SDGsを推進していきます。

入間市SDGs未来都市計画

wellbeing city いるま

官民連携による地域資源を生かした未来共創のまちづくりに取り組み、誰もが心身ともに健康で幸せを実感できる街「Well-being City いるま」の実現を目指します。

経済面の取組

スマートヘルスシティの実現

ヘルスケアにつながる産業振興や観光促進、地域内消費の促進を通じた企業経営の健全化、持続可能な茶業の実現に取り組みます。これらの取組を通じた「スマートヘルス・シティ」の実現により、事業者にとってWell-beingなまちを目指します。

社会面の取組

ウェルネスシティの実現

DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進や産学官の連携によって、高齢者の健康寿命延伸や市民福祉の向上、デマンド交通を活用した外出意欲向上やフレイル予防に取り組みます。これらの取組を通じた「ウェルネス・シティ」の実現により、誰もが心身ともに健康で過ごすことのできるWell-beingなまちを目指します。

環境面の取組

ゼロカーボンシティの実現

公民連携型の地域新電力設立や再生可能エネルギーの創出によるクリーンなエネルギーの地産地消に取り組みます。これらの取組を通じた「ゼロカーボン・シティ」の実現により、地球環境にやさしい、すべての生物にとってWell-beingなまちを目指します。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2964-1013
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。