まち・ひと・しごと創生総合戦略並びに人口ビジョン

 

ページ番号1002595  更新日 平成30年2月7日 印刷 

まち・ひと・しごと創生総合戦略と人口ビジョンについて

日本全体が人口減少局面を迎えている中、地方に活力を取り戻すため、「まち・ひと・しごと創生法」(以下、「創生法」という。)および「地域再生法の一部を改正する法律」の地方創生関連2法が成立(平成26年11月21日)し、全国の自治体で地方創生に関する総合的な取組を進めています。

平成26年12月27日には、日本の人口の現状と将来の姿を示し、人口問題に関する国民の認識の共有を目指すとともに、今後、取り組むべき将来の方向を提示する「まち・ひと・しごと創生長期ビジョン(以下「国の長期ビジョン」という。)」と、この長期ビジョンを踏まえて平成27年度を初年度とする今後5か年の政策目標や施策の基本的方向、具体的な施策をまとめた「まち・ひと・しごと創生総合戦略(以下「国の総合戦略」という。)」が閣議決定されました。また、平成27年6月30日には「まち・ひと・しごと創生総合戦略」に掲げられた基本目標およびその達成に向けて作成された政策パッケージ・個別施策について、今後の対応方向をとりまとめた「まち・ひと・しごと創生基本方針2015」が閣議決定されました。

人口減少に歯止めをかけ、将来にわたって活力ある社会を維持していくため、独自の戦略を自ら考え、自ら実行していくことが自治体に求められています。

これらの動向を踏まえつつ、本市においても「入間市人口ビジョン」と、このビジョンに基づく「入間市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しました。

まち・ひと・しごと創生総合戦略

人口ビジョン

まち・ひと・しごと創生総合戦略および人口ビジョン概要版

まち・ひと・しごと創生総合戦略有識者会議

まち・ひと・しごと創生総合戦略の策定および推進に当たり、市長が有識者の専門的見地から広く意見を聴取するため、「入間市まち・ひと・しごと創生総合戦略有識者会議」を平成27年度から設置しています。以下はそれぞれの会議における有識者の意見交換のテーマです。

いるま子ども会議について

「まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本目標「子どもの育ちを支える」の基本施策として「子どもによるまちづくりを推進する」を掲げていることから、その一環として、子どもの意見を聞くことを目的に、市主催による「いるま子ども会議」を開催しています。

平成29年度いるま子ども会議

7月24日(月曜日)・25日(火曜日)の2日間開催しました。会議の詳細や子どもたちの意見については、以下の添付ファイルをご覧ください。

いるま子ども会議の参加者には、一部提供できる写真がありますので、提供を希望される方がいらっしゃいましたら下記担当までご連絡ください(紙ベースでの提供となります)。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 企画課 政策推進室
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表) ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。