平成17年度一般会計補正予算(第5号)

 

ページ番号1002855  更新日 平成29年3月3日 印刷 

平成18年第1回入間市議会定例会3月2日の会議において議決された補正予算です。

補正予算の概要

 一般会計補正予算(第5号)は、歳入歳出予算、継続費、繰越明許費、債務負担行為及び地方債の補正です。
 歳入歳出予算現計額345億7,196万1千円から、歳入歳出それぞれ1,465万5千円を減額し、歳入歳出の総額を345億5,730万6千円とするものです。
 今回の補正予算は、年度末における歳入予算の精査、各種事務事業等の執行残の整理です。
 歳入においては、地方消費税交付金、地方交付税、国・県支出金、市債等の増減が主なものです。
 歳出については、国・県の補助対象事業費の確定に伴う増減、特別会計への繰出金、償還元金及び償還利子等の増減が主なものです。

歳入のうち主なもの

 
内容
補正予算額(千円)
増減の主な理由
1
地方消費税交付金
59,000
6月・9月・12月の交付状況及び前年度の交付実績により増額が見込まれるため。
2
地方交付税(普通交付税)
28,497
当初算定において控除された調整分が、国税の増収により、国の補正において復活されたため。
3
地方交付税(特別交付税)
-53,000
国からの通知等により、前年度に対し2割程度の減が見込まれるため。
4
保育所保護者負担金
24,884
当初見込みより、保育料徴収基準額表の高い階層に該当する者の増加が見込まれるため。
5
保険基盤安定負担金(国)
-56,351
保険税軽減分が対象外となったため。
6
生活保護費負担金(国)
-75,000
生活保護費の減額が見込まれるため。
7
社会福祉施設等施設・設備整備費補助金(国)
9,786
西武中央保育所改修工事に対する補助金
8
次世代育成支援対策交付金
40,200
特別保育事業等の補助金が交付金化されたため。
9
保険基盤安定負担金(県)
55,878
保険税軽減分の負担率が4分の1から4分の3に引上げられたため。
10
特別保育事業費補助金
-51、580
補助金の交付金化及び廃止などによる減
11
市町村緊急支援事業費補助金
7,400
青少年活動センター講堂屋根改修工事に対する県補助金
12
不動産売払収入
39,482
当初見込みより多く売払いが見込まれるため。
13
雑入
(資源物売却代金)
17,029
回収量及び紙類を中心とした単価の増が見込まれるため。
14
土木債(都市計画債)
-47,500
起債額の確定による減
15
消防債
-7,200
起債額の確定による減
16
教育債(社会教育債)
-46,400
起債額の確定による減

歳出のうち主なもの

 
内容
補正予算額(千円)
増減の主な理由
1
人件費(報酬・一般職給与等)
-105,223
特別職報酬、職員給料及び職員手当、共済費等を精査したことによる減
2
財政調整基金積立金
170,000
財源留保による積立
3
老人保健特別会計繰出金
150,000
医療費の増加が見込まれるため。
4
民間保育所運営費補助金
-20,300
入所児童数等を精査し、減額が見込まれるため。
5
施設管理費・諸工事費
45,959
西武中央保育所の冷暖房改修及び一時保育室増築工事を実施
6
保育所建設事業・土地購入費
49,288
土地開発公社への償還金
7
医療扶助
-100,000
医療費扶助のうち入院分等が当初見込みを下回ることが見込まれるため。
8
乳幼児予防接種事業
-23,491
国の勧告に基づく日本脳炎予防接種の原則中止等による減
9
武蔵藤沢駅周辺土地区画整理事業特別会計繰出金
21,600
起債対象事業の確定に伴う増額
10
扇台土地区画整理事業特別会計繰出金
-40,000
起債対象事業の確定に伴う減額
11
豊岡第一地区市街地再開発事業・土地購入費
97,189
土地開発公社への償還金
12
二本木公民館建替え事業
-50,008
契約締結に伴い総額及び年割額を変更したいため。
13
償還元金
76,914
借入額の確定による。
14
償還利子
-116,239
借入額及び借入利率の確定による。

継続費(変更)

 
事業名
総額
年度
年割額
変更理由
1
二本木公民館建替え事業
補正前
452,290
平成17年度
135,445
契約締結に伴い総額及び年割額を変更する。
平成18年度
316,845
補正後
413,924
平成17年度
85,437
平成18年度
328,487

繰越明許費

事業名
事業費(千円)
事業完了予定日
設定理由
1
西武中央保育所改修工事
45,959
平成19年2月28日
18年度に工事を予定していたが、国庫補助金が1年前倒しとなったため。
2
武蔵藤沢駅橋上化・自由通路等設置事業
27,810
平成18年7月31日
関係者との調整が長引き、設計等について、年度内の事業完了が難しいため。
3
市道幹56号線用地取得事業
1,294
平成18年11月30日
用地取得に伴う工作物の移転を工事の進捗に合わせて行うこととしたため。
4
久保稲荷線整備事業
97,814
平成18年8月15日
街路築造及び橋りょう工事等について、年度内の事業完了が難しいため。
5
武蔵藤沢駅周辺土地区画整理事業特別会計繰出金
158,400
平成19年3月31日
街路築造工事、物件移転補償等について、年度内の事業完了が難しいため。
6
扇台土地区画整理事業特別会計繰出金
10,450
平成18年8月31日
物件移転補償等について、年度内の事業完了が難しいため。
7
狭山台土地区画整理事業特別会計繰出金
65,200
平成19年3月31日
雨水管布設工事、物件移転補償等について、年度内の事業完了が難しいため。

債務負担行為(追加)

 
事業名
限度額(千円)
追加理由
1
中学校教師用教科書・指導書及び教育教材購入事業
15,142
平成18年度に中学校教科書が改訂されるため、17年度中に事務をすすめる必要があるため。

債務負担行為(廃止)

 
事業名
限度額(千円)
廃止理由
1
(仮称)健康・地域福祉入間21計画策定事業
10,000
介護保険制度及び医療制度の改革の動向等を見極めることが必要と判断し、策定年度を1年繰り延べたため。
2
市道幹26号線用地取得事業
15,800
16年度に土地売買契約が完了したため。

債務負担行為(変更)

 
事業名
期間
限度額(千円)
変更理由
1
久保稲荷線用地取得事業(その2-17)
補正前
平成17年度から
平成20年度まで
653,000
物件移転補償の内容変更により補償料が減額となったことなどによるため。
補正後
平成17年度から
平成20年度まで
278,000
2
入間市土地開発公社に対する債務保証
補正前
事業費借入金償還期間の満了まで
1,103,600
限度額の変更
補正後
事業費借入金償還期間の満了まで
712,800

地方債(変更)

 
事業名
限度額 (千円)
変更理由
変更前
変更後
1
臨時地方道整備事業
729,000
711,000
起債額の確定による。
2
一般公共事業(区画整理事業)
11,000
19,200
起債額の確定による。
3
加治丘陵保全用地取得事業
97,500
66,500
起債額の確定による。
4
市道幹11号線(安川通り)道路整備事業
29,200
22,500
起債額の確定による。
5
消防自動車等整備事業
47,600
40,400
起債額の確定による。
6
二本木公民館建替え事業
101,400
55,000
起債額の確定による。

補正予算書

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 財政課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。