平成21年度一般会計補正予算(第9号)

 

ページ番号1002824  更新日 平成29年3月3日 印刷 

平成22年第1回入間市議会定例会3月23日の会議において議決された補正予算です。

補正予算の概要

 一般会計補正予算(第9号)は、歳入歳出予算及び地方債の補正です。
 歳入歳出予算は、予算現計額373億4,927万7千円に、歳入歳出それぞれ5,350万9千円を追加し、歳入歳出予算の総額を374億278万6千円とするものです。
 歳入においては、国からの臨時交付金の増および地方債の減などが主なものです。
 歳出については、特別会計への繰出金の増が主なものです。

歳入のうち主なもの

 
内容
補正予算額(千円)
増減の主な理由
1
地域活性化・きめ細かな臨時交付金(国)
20,529
国から第2次交付限度額が通知され、交付金全体の交付内定額が示されたことによる追加増
2
地域活性化・公共投資臨時交付金(国)
104,880
国から交付内定額が示されたことによる増
3
財政調整基金繰入金
39,000
歳出予算に対応するため繰り入れるもの
4
一般公共事業債
(区画整理事業)
-25,000
公共投資臨時交付金を活用したことによる減
5
一般公共事業債
(市道幹6号線及び幹56号線整備事業)
-14,000
公共投資臨時交付金を活用したことによる減
6
藤沢小学校大規模改造事業債(耐震化等)
-27,700
公共投資臨時交付金を活用したことによる減
7
宮寺小学校大規模改造事業債(耐震化等)
-44,200
公共投資臨時交付金を活用したことによる減

歳出のうち主なもの

 
内容
補正予算額(千円)
増減の主な理由
1
武蔵藤沢駅周辺土地区画整理事業特別会計繰出金
62,000
歳入歳出調整の結果繰出金を増額するもの
2
予備費
-8,491
歳入歳出調整による減

地方債(変更)

 
事業名
限度額(千円)
変更理由
変更前
変更後
1
藤沢小学校大規模改造事業(耐震化等)
203,200
175,500
公共投資臨時交付金を活用したことによる

地方債(廃止)

 
事業名
限度額(千円)
廃止理由
1
一般公共事業
(区画整理事業)
25,000
公共投資臨時交付金を活用したことによる
2
一般公共事業
(市道幹6号線及び幹56号線整備事業)
14,000
公共投資臨時交付金を活用したことによる
3
宮寺小学校大規模改造事業(耐震化等)
44,200
公共投資臨時交付金を活用したことによる

補正予算書

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

企画部 財政課
〒358-8511 埼玉県入間市豊岡1-16-1
電話番号:04-2964-1111(代表)内線番号一覧
ファクス:04-2965-0232(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。